自分で決める

 

大切、愛の言葉

 

すきな人、すきな人とのことは、


自分で決める。だれかがいいといったから


だれにも反対されなかったから それだけの理由で


決めていくものではない。


もし、なにかがあってうまくいかなかったとき。


その責任は、一体だれがとるんだろう?

スポンサーリンク




自分以外の人が決めたことでも、


さいごの責任は自分でとらなければならない。


だから、すきな人とのことは、 自分で決める必要がある。


人の意見を聞き入れないことと


自分で決めるというのは、また、別のこと。


自分のため。 これからの時間のため。


すきな人のことは、自分で決める。

はじまりは、いま

 

はじまり、今、

 

思いがかなう。 ふたりの気持ちがおなじことを知る。


はじまりは、そのときから。 思いがかなうこと、


すきな人の気持ちを知ることは、 ひとつの通過点。


大事なのは、 それからあとの時間を


ふたりでどうすごしていくか。


どうつくっていくか。 すきという気持ちがあっても、


それからの時間を うまくすごせなければ


いっしょにはいられない。


思いがかなうことだけに気をとられていると


あとの時間のことをわすれてしまう。


ほんとうのはじまりは、 思いを知ったときから。


大事にしていくのは、 それからの時間。

いくつもの景色

 

いくつものけしき

 

ながい時間ふたりでいると


まいにちがおなじことのくり返し。


そんなふうに思ってしまう。 だけど、


その日、その季節は、 1回だけのもの。


これからふたりでどれくらい


いっしよにすごせるかは、わからない。

スポンサーリンク




10年いっしょにいたら


10回いっしよにさくらが見られる。


5年だったら 5回クリスマスをいっしょにすごせる。


1年だったら 1回、誕生日をお祝いできる。


すきな人とはふたりで、 いくつもの季節、


いくつもの景色を見ていきたい。


おなじ日、おなじ時間なんて


ほんとうは、存在しない。


今日、ふたりでいることを大切に。


いますごしている季節を大切に。

いいことも いやなことも

 

いいことも、わるいことも

 

だれかをすきになると いいことといやなこと


そのふたつがいっしよにやってくる。


いいことは― 気持ちがやさしくなること。


あたらしい自分を知ること。 すこしずつ、成長すること。


いやなことは― 思いどおりにならないこと。


自分のいやな部分を知ること。


すこしのことで落ちこむこと。 すきになることは、


たのしくて、うれしいことばかりじゃない。


だけど、それでも だれかをすきになることは、


しあわせなこと。 自分以外のだれかを思えることは、大事なこと。


だれかをすきになることは、 いいこともいやなことも


そのままうけ入れていくこと。 つらいことも。たのしいことも。


いいことも。いやなことも。

はなれているとき

 

はなれているとき

 

はなれていると不安になる。


会える日だけを待ちつづけてしまう。


むやみに不安になったり、


待つだけの時問をおくるのは、つらい。


そんなときは、 はなれているときだけに感じられる


その人への思いを そのまま感じればいい。


それはーこんなにすきだったんだー という思い。


はなれてはじめてわかる思い、


遠くにいってどれほど大切な人かがわかるとき。


それが、いま。そう、思えばいい。 はなれている。会えない。


そのことだけを考えるとかなしい。


だけど、思いの深さを たしかめる時間と思えば、


気持ちはつよくなる。 そばにいられるようになるまで、


まいにち、会えるようになるまで、 そう思ってすごしていく。

 

開運、婚活パーティー2017

 

大切にしている愛の言葉4

大切にしている愛の言葉3

大切にしている愛の言葉2

 

スポンサーリンク