夫たちがどこにも言えなかった本音

 

夫婦、夫、妻、求める

 

夫たちから妻たちへ「それが嫌な一言だ」20項目
女性のみなさまへお伝えします。


夫たちが妻のとる行動のなかで、
嫌だと感じることはどんな点かを挙げてみましょう。

夫が嫌だと感じるところ

1 夫に命令する


2 素直でない


3 帰宅するやいなや不満をぶつけられる


4 夫を立ててくれない


5 よその夫と比較する


6 夫の知らないところで大切なことでも勝手に決めてしまう


7 仕事の苦労を知らなさすぎる


8 育児や家事を強要する


9 給料が少ないと不満を言う


10 身だしなみをきちんとしていない

 

スポンサーリンク




11 当然のことのようにお小遣いを制限する


12 夫の趣味をまったく理解しない


13 家に知人や親戚の人が来たときの態度が悪い


14 子どもの前で夫の悪口を言う


15 家の中が汚い


16 料理の手抜きが多い


17 自分の都合のいいように夫を教育しようとしている


18 夫の悪口を言いふらす


19 物事の順番が子どもの次になる


20 家の中に夫の決まった席がない


夫たちがどこにも言えなかった本音です。


もし、このなかで心当たりの項目が10個以上ある奥様、
ご主人様はお元気ですか。


もしかしたら妻への不平不満が
たまっているかもしれませんよ。


いえ、もう「こんな もんだ」と
あきらめているかもしれません。


そんなふうになったら男性たちはたいへんです。


家庭内で満たされない男性の心は、
家庭外に向かうようになることが多いものです


そうならない前に、
賢い女性、賢い妻として気くばり力を身に付けましょう。

 

スポンサーリンク



夫がもとめるもの

女性のみなさまは、
夫たちが並べた(妻の嫌なところ)を読んで、
どのように感じ ましたか。


もし、同じことを女性たちに聞いたなら、
ここに挙げたようなものは、
まずーつも入らないと思います。


先ほども述べましたように、
女性が求めているものは、心の安らぎ、いたわり、


ねぎらいですから、
これらが満たされてこそ
女性は幸せを感じるようになっています。


これに対して男性たちは、
どんなことを妻に求めているかといえば、


「俺は家の中心だ」「俺が大将だ」
「やせても枯れても、俺は男なんだ」


ということを認めてくれていると
感じさせる妻たちの言動や態度なのです。


「そういうことを求めているのが男性なんだ」
ということがわかれば、


〔夫が嫌だと 感じるところ」
20項目のすべてにうなづけませんか。

夫としての力

夫たちは、自分が必要とされ、自分に頼り、
甘え、立ててくれれば、
男性としての力を発揮できるのです。


妻が夫から愛されて喜び、
心の平安、心の安らぎを感じ、


幸せな気分になるのと同じように、
夫たちも、妻によって頼られ、
立てられることでがんばる力が出てくるのです。


そんなときこそ男性は、
主人としての自覚がますます出てきて、
責任感と使命感をもってがんばるようになるでしょう。


それが夫としての幸せなのだと思います。


もうーつ、確認しておきたいことがあります。


男性は目による刺激を求め、
女性は耳からの刺激を好みます。


ですから、夫たちの目に刺激を与えるような
新鮮な服や髪型、変化のある食卓や寝具などに
気をくばるのも妻たちが努力すべきことだと思います。

 

スポンサーリンク