ズバリどれが一番大切!食事、睡眠、運動?

 

睡眠、健康、食事、運動、

 

健康のために重要なこととして、食事、睡眠、運動、
この三つがよくあげられると思います。


生活習慣病という言葉がありますけれども、
生活週間の中で一番大事なのはこの、食事、睡眠、運動、
なんです。


この三つをきちんと整える事によって、
非常に病気になるリスクを相当減らす事ができます。
そして健康で長生きする事ができます。

 

スポンサーリンク



 

そうはいっても、食事、睡眠、運動を

しっかりやりましょうと言われても、
どうすればいいかわかりません。


なのでまずはこの三つのバランスが大事になってきます。
ではズバリどれが一番大切かと言いますと、
これは間違いなく睡眠です。


なぜなら、睡眠を削ると、がんや高血圧や、
糖尿病のリスクが通常の2~3倍、場合によっては、
4~5倍に上がります。


これは睡眠時間を6時間以下に削った場合で、
ほとんどの病気のリスクが2倍以上に上がるんです。


これは食事を不摂生にしたり、運動が不足にしても、
そこまでひどい結果というのは出ないんものです。

 

スポンサーリンク




睡眠不足は間違いなく
体に致命的な悪影響強を及ぼす事は間違いありません。
睡眠を削るというのが一番健康に良くないです。


そして一番簡単にできることは睡眠を整えるということです
運動の場合ですとなかなか時間を取るのが
現状では難しいと思います


食事も結構大変で、どうしても外食が多くなりがちですし、
ダイエットなどしてもなかなか誘惑に負けてしまいがちです。


なので睡眠はただ寝るだけですから、
ある程度寝る時間をキープすれば、睡眠が一番簡単で、
健康に良いと言えます。


かといって運動や食事が大切じゃないかというと、
そんなことは全くないんです。


例えばダイエットに興味がある人もいると思うのですが、
ダイエットで一番大事なことはなにかと言いますと、
食事と運動と、睡眠の中で実は、睡眠なんです。


睡眠時間7時間の人と6時間以下の人を比べた場合ですと、
6時間以下の人は7時間の人に比べて肥満になりやすい確率が
38%高くなるというデーターがあります。


睡眠時間を削ると同じカロリー量摂取しても、
すべて脂肪に置き換わるように体の流れが変わってきます。


睡眠不足は体の危機状態ですから、
エネルギーを蓄える飢餓状態と同じで、
カロリーが蓄えられてしまいます
ですので睡眠不足が一番太ります。


健康、美容の為睡眠時間の確保はとても重要となります。
まずは睡眠をキープしたうえでできるだけ食事や運動を、
気を付けていくというのが一番取り組みやすいです。


健康維持の基礎として、
睡眠時間は最低でも6時間以上取りましょう。

 

スポンサーリンク