「運命の人」がいつも完壁とは限りません

 

恋愛、結婚、ベストパートナー、問題

 

また、運命の人はけっして
完壁ではないということも、心得ておく必要があります。


その相手はすべてが理想的というわけではなく、
自分なりの哲学を持っていることもあるでしょう。

 

スポンサーリンク




あなたと同じで、調子のいい時も悪い時もあるはずです。


あなたのきらいな欠点を持っているかもしれません。


それにもかかわらず、あなたが心を開き、
相手を理解した時、どういうわけか、
あなたにとっては完壁になるのです。


その人を愛さずにはいられないという気持ち
いろいろな点であなたとはまったく異なる相手と


生活をともにするためには、
この気持ちが拠りどころとなります。


この愛が原動力となって、
あなたは相手に対し、


協力し、尊敬し、真価を認め、大切にし、
また賞賛もするのです。常に簡単かつ楽とは限らない、


こうしたプロセスを通して、
あなたの人間ができていきます。


あなたの魂が成長するチャンスなのです。


毛虫が蝶になるプロセスは、容易ではありません。


成虫になったばかりの蝶は、
さなぎから出るのに悪戦苦闘します。

 

スポンサーリンク




まさにその苦闘の過程で、蝶は羽の筋肉を鍛え、
飛ぶのに 必要な体力を養うのです。もしあなたが、


かわいそうに思い、蝶を楽にしてやろうと
さなぎを切り裂いたなら、
蝶は飛ぶ力を身につけられないでしょう。


あとは、なくなるだけです。


もしパートナーから何らかの形で問題を課されなければ、
あなたのいちばんすてきなところは引き出されないでしょう。


運命の人は、私たちの良い面を引き出してくれる、
理想的なパートナーなのです。


そして私たちの長所は、こうした問題をくぐり抜けて、
はじめておもてに出てくる場合もあるのです。


結婚すれば、ありとあらゆるマイナス面を
克服しなければなりません。批判的である、


難癖をつける、わがまま、横暴、依存的、厳格、お人好し、
融通がきかない、疑り深い、 短気、などなど。つまり、


運命の人はあなたに、
こうした性質を克服する機会を与えてくれるのです。


自分の未知なる面がおもてに出てくると、
心の奥底にある愛の力が発揮され、
より強く、愛情深くなり、問題が解決できるようになります。


蝶の場合と同じく、あなたの魂はこの過程で、
自由に飛ぶチャンスを得るのです。

 

スポンサーリンク