男女の脳の違いが解れば楽し会話になる

会話、夫婦、恋人、楽しい、男女、脳、

 

男性の皆さんこんな経験はありませんでしたか?

 

奥さんがあれこれ話をしてきたので、

 

んーそれはちがうんじゃないと言ったら、

 

そんなことわかってるーと!怒られたりとか、

 

彼女が相談に乗ってほしいというので、

 

僕だったらこうするかなとアドバイスしたら、

 

そんなこと聞いてないと、逆切れされたりしたことありませんか?

 

全然わかんなーいと、もうあたふたしちゃいますよね、

 

いったいどうしてこんなことが起きるのでしょうか。

 

スポンサーリンク




 

それは男性の脳と女性の脳に違いがあるからなんです。

 

ではその違いというのはどういうものなのでしょうか、

 

男性の脳はいつでも解決したいという気持ちがとても強いんですね。

 

もちろん女性にも解決したいという力はありますが、

 

男性に比べると少なめです。

 

では共感したいという気持ちはどうでしょう。

 

女性はこの共感したいという気持ちがとっても強いんですね。

 

一方男性はこの共感したいという気持ちは、

 

ほんのちょっとなんですね。

 

この解決したいと共感したいという気持ちの量の差が、

 

男女のすれ違いを生む原因なんですね。

 

スポンサーリンク




 

さーここから会話のツボに例えて考えてみると、

 

まず解決したいというツボを考えてみましょう。

 

男性の脳の中にある解決したいというツボはとても大きいんです。

 

ですから男性は問題を解決したいという意欲に満ちています。

 

しかし逆の見方をするとこの解決したいツボが満たされないと、

 

男性は不安になってしまうという事なんです。

 

もちろん女性にも解決したいツボはあります。

 

しかし男性に比べるとそれほど大きくはありません。

 

ですから疑問があってもある程度分かればOK。

 

男性に比べればすぐにツボが満たされてしまいます。

 

次に共感したいツボについて考えてみましょう。

 

まずは女性の共感したいツボはほんと大きいんです。

 

ですから女性は感受性がとても豊かだと良く言われるんですね。

 

ですがこちらも逆の見方をすれば、

 

この共感したいツボが満たされないと、

 

不安を感じてしまうという事なんです。

 

いつでも女性は私の気持ちをわかってと求めているんですね。

 

一方男性の共感したいツボはどうでしょう。

 

何と女性に比べるとものすごく小さいです。

 

ですから男性は共感したいという気持ちは、

 

ほんのちょっとのことで満たされてしまうんです。

 

もうお分かりですね、お互いのツボの大きさを理解し、

 

それをどう満たしていくかということが、

 

会話をスムースに運ぶポイントなんですね。

 

男女の脳の違い、ツボの大きさの違いが解ると、

 

夫婦や恋人同志の会話がもっもとスムーズに楽しくなります。

 

スポンサーリンク