スポンサーリンク



アスペルガーは刺激物を摂り過ぎない

アスペルガー症候群とは?

 

アスペルガー症候群 診断テスト
アスペルガー、刺激、現代社会、光、音、

 

アスペルガー症候群の人の中には、


聴覚や視覚、臭覚などが過敏なタイプの人がいます。


赤ちゃんのころから小さな物音にも敏感に反応して


眠る事ができない人もいます。


得意ではない所のひとつが、大型家電のお店です。


店内を繰り返し流れる大音響の音楽と、


大量の家電が放つ光に気分が悪くなってしまうのです。


いつも緊張し、興奮しているような様子なので自ら自分に


「落ち着く静かな環境」を与えてあげる事が大切な工夫となります。

スポンサーリンク




ボディー的な刺激物の、


例を挙げるとカフエインは時や量など気をつけて摂らないと、


もう眠れなくなり、 タバコやお酒、白砂糖、


携帯電話やPC、テレビの画面を夜見過ぎても


光の刺激に興奮して眠れなくなります。


昼夜逆転を引き起こします。

 

食品添加物は精神的な興奮を引き起こします。


「情報」という刺激も浴び過ぎると混乱します。


何でも鵜呑みにしゃすく影響 されやすいので、


情報を取り過ぎるという事が、100人の話を一度に聞き、


その話しに左右されているかのような混乱を引き起こすのです。


肉体的にも精神的にも、刺激に溢れているのが現代社会です。


過敏な体質なアスペルガーには、

 

「極力控えてちょうどよい」くらいになるのです。

 

大人の発達障害の記事はこちら

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


恋愛ランキング

スポンサーリンク