アスペルガー症候群の人のコミュニケーション

 

アスペルガー症候群とは?

 

進化、意味アスペルガ―症候群、発達障害

 

アスペルガーの人は基本的にコミュニケーションが極めて苦手です

 

しかし知識も豊富で頭もいいのですからネタは多いんですけども

 

コミュニケーションがどうしてもできないです

 

その理由として、コミュニケーションに興味を持てないことから

 

相手に話かけられてもハイ、イイエなど単調になり

 

会話のキャッチボールができないんですよね

 

決して悪気はないんだけれどもね

 

当然それを続けているとさすがに会話が好きな相手でも

 

ネタがつきてきてしまいます

 

だからと言って、

 

アスペルガーの人から沢山話が出来るかというと

 

それもできません

 

そして沈黙の時間がやたらと増えてしまって

 

結局自分自身も気まずいし相手もつまらない、

 

あるいは気を使ってしまう

 

ということが起きてしまい、

 

なかなか人間関係を築けないということになります

 

そして知人友人がいないということになってしまいます

 

またこれを改善したいがために、してしまうことに

 

一生懸命話をしようと頑張り、話し方教室や、

 

本などで勉強して

 

なんとか自分が話せるようになろうとするの事です

 

残念ながらなかなか上手く行きませよねー

 

中にはそういった形で話せるようになる人もいるのですが

 

ほとんどの人はむずかしいです

 

何故かというと

 

脳構造でコミュニケーションが流ちょうにできない

 

構造になってるんですね

 

スポンサーリンク



 

ではどうしたらいいかと言いますと

 

コミュニケーションが出来る事、

 

イコール、自分から一方的に話せること

 

という考え方を無くし

 

聞き上手に徹して相手から話してもらう事を

 

学んでいくことが重要です

 

どしてもアスペルガーの人は

 

コミュニケーションが苦手とわかっているから

 

その反動で、何として流ちょうに、

 

話せなければと勘違いしてしまうところががあります

 

この気持ちはわかりますが、多くのアスペルガーの人達が

 

陥りやすいことですね

 

アスペルガーの人は基本的に聞き上手になることはできます

 

もともと話す欲求がないし黙ってるほうが楽ということがあります

 

ですから自分から一方的に話せる事を身に着けるのではなく

 

あくまでも相手から

 

話を引き出して話してもらうことで解決する事をお勧めします

 

大半の人は聞くより話す欲求が強いですからね上手く利用しましょう

 

スポンサーリンク




 
発達障害は障害ではなく

 

進化的意味があって生まれてきたとも言われています

 

人類の多様性を作るために生まれてきた大切な人たちなんですね。

 

例えばADHDの方ですと多動性で動き回る人達ですから

 

政治家や起業家に多いと言われています

 

また自閉症の方とかは特に集中力が強いですから

 

芸術家や研究者などにに多いと言われています

 

脳の個性なんですね

 

発達障害の障害という言葉自体良くないですよね

 

誤解されない為にも

 

本当は重度で無ければ、発達障害という言葉は使わないほうが

 

良いんじゃないかなーと思います。

 

アスペルガー症候群 診断テスト

 

スポンサーリンク