人相コミュニケーションで恋愛運アップ

 

恋愛、情、理論的、

 

顔から性格は読み取れる?

 

顔から相手の性格を読めない人でも、顔からは

 

様々な情報を得ています

 

例えば、男か女か? 年齢は? 職業は?

 

今機嫌がいいのか? 健康か不健康か?

 

顔はIDカード以上の本人の証明です

 

本人を証明する、運転免許所やパスポートには

 

必ず顔写真があるでしょう

 

人間は、顔にある機能(目、耳、鼻、口、)

 

によって情報(目=視覚、耳=聴覚、鼻=臭覚、

 

口=味覚、)を得ています

 

と同時に自分の顔にある機能(目、耳、鼻、口、その他)

 

によって自分が何者(男か女か、誰か、何歳か、)

 

であるかという情報を発信しています

 

自分がどういう性格、性質の人間であるか

 

あるいは自分の現在の状況(喜怒哀楽、健康状態、年齢)

 

がどうであるかという情報を見る者に、もたらしてくれます

 

だいたいですが、誰でも顔から相手の性格や年齢、

 

誰であるか読み取っているのですから、もっと顔に

 

感心を持ち情報を読み取ることができれば顔から

 

性格が読み取れるようになるのです

 

スポンサーリンク



 

しかし決して顔で人を区別し偏見を与えることではありません

 

顔をコミュニケーションツールとして最大限に使い

 

実社会で役立てていただけたら幸いです。

 

情より論理的に攻めたほうがいい 人の顔

 

恋愛、論理的、情、人、顔、

 

一方、情よりも理を優先するタイプの人もいます

 

前述の、情に訴えかけたほうが説得しやすい人とは

 

正反対のタイプです。

 

理が勝るタイプは、唇が薄く口が真一文字に

 

引き締まった顔が特徴です。

 

他には、眉間や目と目の間が狭い 、

 

また、目尻が切れ下がっている

 

タレ目や、耳が小さいと いった特徴も兼ね備えていると、

 

より理屈立てて攻めたほうがいいタイプと言えます。

 

そういう顔の人には、

 

何かを決断することに対しては慎重派です。

 

論理的に攻めるためには 何を話して

 

相手がどういう風に返してくるかを想定した上で、

 

事前にそれに対する切り返しトークと、

 

必要なデータを準備しておく必要があります

 

それにはしっかりとイメージトレーニングを

 

しておかなければなりません、

 

級密に ストーリーを考えて

 

「何をフックに、何を引き出し」、

 

最終的に「どうするか」

 

といったロールプレイングを繰り返します。

 

相手の役を複数の人にやってもらい、

 

さまざまなシミユレーションを行うのです。

 

イメージトレーニングは、とにかく「考えるです」。

 

常にいろんなシチュエーションを 想定して、

 

考えを固定させず、さまざまなパターンを用意しましょう。

 

スポンサーリンク



 

しかし、

 

実戦を想定したイメージトレーニングができるようになるには、

 

何よりも経験がモノを言います。

 

実際に「こういうケースはこう返された」

 

「こういう場合はこうだった」と自ら経験したことでないと、

 

イメージできる幅が狭くなってしまいます。

 

頭で考えることももちろん大事ですが、

 

まずは行動し、

 

自分が考えたシミュレーションを

 

実践してみなければなりません。

 

特に初めての出会いを経験するような人は、

 

イメージどおりにいかなかったときのことを恐れてしまいます。

 

しかしこれは、失敗ではなく経験です。

 

自ら経験して、何がよくて

 

何がダメだったかを検証するようにすれば、

 

だんだんと成功に近づいてい行くはずです

 

人相・コミュニケーションは、こちら!

 

スポンサーリンク