若返りのため常備食材にしたいもの

 

若返る、友達、大人、健康

 

アボカドは食べる美容液

アボカドが「森のバター」といわれることは、
日本でも知られるようになりました。バ ターと聞くと、


カロリーが高いからとらないほうがいいかな、
などと思ったことがあるかもしれません。

 

スポンサーリンク




しかしアボカドは、
美しくなりたかったらはずすことのできない、
スーパーフードなのです。


わさび醤油をかけて食べると、
トロの刺身のようだといわれますが、
その油分はオメガ9という良質なオイル。


肌をふっくらと柔らかくする効果などがあり、
どんどんとったほうがいいのです。


また、ビタミンEが豊富なので、
末端まで血行がよくなります。


血行不良は健康にとって大敵です。冷え性が改善され、
栄養が運ばれると、肌や髪の透明感と艶がアップします。


そして、フルーツのアボカドは、
酵素をたっぷり含んでいるので、


身体の働きを補ってくれます。食物繊維も豊富なので、
腸内美化にも効果的。腸がきれいだと、
免疫力がアップして健康にもいいのです。


食べる美容液ともいうべきアボカドですが、
一回に半分ほどで十分効果があります。


魚介類とサラダにしたり、おろしニンニク、
刻んだトマトと混ぜたりと、


お料理のレパ ートリーを増やして、
食卓の定番にしましょう。トーストした全粒ライ麦パンに、


アボカドをのせ、
オリーブオイルと塩コショウでいただくのも美容レシピです。

サーモン(鮭)は若返りのスーパーフード

サーモン(鮭)は美容と健康に、
効果絶大なのを知っていましたか?アメリカでサーモンは、


「アンチエイジングに効くスーパーフード20」
に選ばれていて、積極的にとることを、
すすめられているのです。


サーモンに入っている、
アスタキサンチンという抗酸化物質には、
抗シワなど肌のアンチエイジング効果があります。

 

スポンサーリンク




また、免疫力の向上、動脈硬化の予防、
抗ガン作用といった効果も。美容に気をつけると、
おまけで健康がついてきて、一石二鳥ということです。


さて、老けている印象を受けるのは、
どんな顔やプロポーションでしょうか。


実際の体重が、
重いかどうかよりも、重要なのは見た目です。


弛んでゆるんだ顔や身体のほうが、老け て見えます。
そのゆるみに対抗できるのもサーモンなのです。


サーモンには、神経伝達物質の原料になり、
筋肉を引き締める効果のある「DMAE」
という物質が入っています。


加齢とともに弛んでくる筋肉を身体の内側から
支えることができるのです。肌、内臓、見た目、


あらゆるところのアンチエイジングに効く、
サーモンを今すぐ 常備食材に。
オメガ3の豊富な天然のものがおすすめです。

脳も若返り

脳は身体の司令塔です。脳が老化してしまっては、
身体の機能も落ちます。


また、いくら 若い身体を持っていても、
脳が司る気持ちや心の働きが年老いては、
いきいきと活動することができません。


何のために若々しい身体を目指すのかといえば、
はつらつと豊かな人生を過ごすためですから、


脳の若さも大事なのです。 脳を若々しく保つというと、
脳トレといわれる訓練などを思い浮かべますが、


食べ物の摂取でも十分可能です。そのために、
どんどんとってほしいのが、ナッツ類とブルーベリーです。


ナッツの中ではとくにクルミがおすすめです。
脳だけでなく、肌も若々しく保ちます。


クルミの形は脳の形に似ているので、
ブレインフードなどともいわれます。


もちろん形が効くのではなく、
クルミに含まれるオメガ3という良質の油分が効くのです。


認知症にかかった人の脳は、
普通の人の半分の量しかオメガ3の成分が、
なかったというデータがあります。


病気にかからなくても、加齢によってどんどん減っていくので、
補うことが必要です。


青魚の脂もオメガ3なので脳に効きます。
ほかに、ハーブの口ーズマリーは脳を活性化させます。


うまく食事にとり入れて、
脳もエイジングケアをして、心の若さも目指しましょう。

 

スポンサーリンク