運命の人が見つかるまで

 

出会い、本当、運命、恋愛、結婚、パートナー

 

自分にぴったりのパートナーを見つけるのは、
アーチェリーで的の真ん中に矢を命中させるようなものです。


狙いを定めてみごと的中させるには、練習あるのみ。

 

スポンサーリンク




ビギナーズラックで一発で命中させる人もいるかもしれませんが、
普通はそうはいきません。


運命の人探しも、これとまったく同じ。ぴったりの相手が
見つかるまでには、たいてい何人かの人との
「出会い」を経験するものです。


なかには、いたずらに「出会い」を重ねてしまう人もいます。


それは、彼らのアプローチには何かが欠けているからです。

 


こういうケースもアーチェリーにたとえて考えてみると、
何が足りないのかよくわかります。


的を狙ったけれどはずしてしまったとしましよう。


矢は中心より左にそれています。


この場合次回からあなたは前よりもあなたは
やや右に狙って弓を引くでしょう


このような事を繰り返し、
心の中で自己修正を重ねて、
やっと的に命中させることができるのです。


男女の仲もまた同じです。


デートして相手が自分にふさわしくないことに気づくたびに、
自己修正する意識が働きます。すると次の機会には、
理想の相手により近い人に心ひかれるでしょう。

 

スポンサーリンク




もちろん、そのためには
相手が理想像とどれだけかけ離れていたのか、
はっきり自覚しなければなりません。


矢が的から大きくずれてしまったのならば、
大きく修正する必要がありますし、
的に近ければ微調整で済みます。


同様に、相手が理想のタイプとは
まったくかけ離れているのなら、


がらりと方向転換する必要がありますし、
そう遠からずであれば、
大きく変えなくてもいいわけです。


相手を正しく評価すること。


これは、自分にぴったりの、
あるいは少なくともそれに近い相手を見つけ、


好きになるために大切なことです。

 

スポンサーリンク