顔ってコミュニケーションツールです

 

口、押し、弱い、小さい、顔、コミュニケーション、

 

顔から性格は読み取れる?

 

顔から相手の性格を読めない人でも、顔からは

 

様々な情報を得ています

 

例えば、男か女か? 年齢は? 職業は?

 

今機嫌がいいのか? 健康か不健康か?

 

顔はIDカード以上の本人の証明です

 

本人を証明する、運転免許所やパスポートには

 

必ず顔写真があるでしょう

スポンサーリンク



 

人間は、顔にある機能(目、耳、鼻、口、)

 

によって情報(目=視覚、耳=聴覚、鼻=臭覚、

 

口=味覚、)を得ています

 

と同時に自分の顔にある機能(目、耳、鼻、口、その他)

 

によって自分が何者(男か女か、誰か、何歳か、)

 

であるかという情報を発信しています

 

自分がどういう性格、性質の人間であるか

 

あるいは自分の現在の状況(喜怒哀楽、健康状態、年齢)

 

がどうであるかという情報を見る者に、もたらしてくれます

 

だいたいですが、誰でも顔から相手の性格や年齢、

 

誰であるか読み取っているのですから、もっと顔に

 

感心を持ち情報を読み取ることができれば顔から

 

性格が読み取れるようになるのです

 

しかし決して顔で人を区別し偏見を与えることではありません

 

顔をコミュニケーションツールとして最大限に使い

 

実社会で役立てていただけたら幸いです。

 

グイグイと押していけば落ちやすい人の顔

 

口、押し、弱い、小さい、顔、コミュニケーション、

 

異性を口説くとき、あるいは営業においても

 

「押したり引いたり」という駆け引きは 交渉事の基本です。

 

しかし相手によっては、

 

押して押して押しまくったほうがうまくいく場合もあります。

 

グイグイと押したほうがいい相手かどうか。それを見抜くには、

 

口 がポイントです。口が極めて小さいおちょぼ口の人は、

 

押しに弱いタイプと言えます。 口は、地球上に生物が誕生したとき、

 

顔の中で一番最初にできたパーツです。

 

生物は 口から食べ物(エネルギー)を摂取して生きていくことができます。

 

スポンサーリンク



 

他にも口には、声を発し、欲求・欲望を伝える機能があります。

 

ロは、欲求を達成するための積極性と深いつながりがある器官なのです。

 

つまり、ロが大きい人はそれだけ積極性があり、

 

口が小さければ小さい人ほど積極性が不足します。

 

口が小さくて消極的な相手に対しては、

 

こちらからガンガン積極的に打って出たほうが話はスムーズに進みます。

 

特にこのタイプは権威や他者の評価に弱いので、

 

心理学で言うところの「ハロー効果」を使って攻めるのが有効です。

 

ハローとは後光のことで、その後光によって、実際よりもよく、

 

あるいは悪く見られることから、こういう名称が付きました。

 

何か権威の力を借りることによって、説得力を増す効果のことを指します。

 

「この商品を知らないんですか?

 

マスコミでも取り上げられてすごく話題なんですよ」

 

「業界最大手の〇〇社でも使っています」

 

「芸能人の〇〇も利用していますよ」

 

といった具合に説明をすると、落としやすいはずです。

 

そして、大きな声で積極的に攻めていきましょう。

 

ちょっと芝居がかっているかなと思うくらいが、

 

ちょうどいいアピールと言えます。

 
人相・コミュニケーションは、こちら!

 

スポンサーリンク