片思い

 

片思い、開運

 

もう長いこと、 片思いをしている人がいます


「初恋」のイメージと重なって


青リンゴのような甘酸っぱさを漂わせる言葉です


立派な大人になってからでも、片思いすることはあります。


相手にパートナーがいるなどの物理的障害がなくとも、


伝えたくても伝えられない気持ちで 切ない思いをすることがあります。


だれかを好きになるのはすてきなことだ、と言われます。

 

スポンサーリンク



 


でも、それは同時に、辛いことでもあります。


「切ない」という言葉が持っている痛みや苦しみの感触は、


すてき、なんて、リアルタイムではとても言えません。


後になって思い出せば、


いい思い出でもありますが 痛みを感じているまさにそのときには、


一刻も早く抜け出したいと思える悩みです。


男女を問わず 積極的かつ行動的であることが尊ばれる現代社会では、


悩んで立ち止まった状態にあることは、否定されます。

 

結婚相談所、恋愛
恋をしたら、伝えればいいじゃないか! 伝えられないような恋なら、

 


忘れて次へ行こう! そんなアドバイスが一般的です。


ですから、片思いをする人はいつも


伝えられない自分の勇気のなさを恥ずかしく思ったり、


こうして黙っているあいだにだれかに先を越されるかも、


さいな という焦りに苛まれたりします。

待てるのは、自信があるから。

 

コミュニケーション

 

「ずっと片思いをしていましたが、


そろそろあきらめなくては、と思います」


そうメッセージをくれた人がいました。


この人は、今までずっと、相手のことを思い続けていて、


ここへきて、その思いから離れようとしています。


傍目には、彼女がその恋をあきらめても


「何も変わっていない」ように見えるはずです。


でも、この人の中ではそこで何かが大きく変わります。


今までは、この人は相手のことを思いながら、


相手がいつか自分のほうを向いてくれるのでは、


と、密かに期待していたのかもしれません。


相手の気持ちが自分に傾くかどうか、


じっと見守っていたのかもしれません。


この態度は、一見消極的です。

 

スポンサーリンク



 

自分では何もしようとしない、受動的態度とも取れます。


ですが、こんなふうに、


待ったり見つめ続けたりすることのほうが、


すぐに行動に移すことよりも、 もしかすると、難しいのです。


自分の気持ちを見つめ、相手の思いを見つめつつ、


静かに待つ。 芯の強さがなければ、


できないことのような気がします。


待つ、ということができるのは、


自分の中に自然な自信があるからです。


私にも片思いの経験がありますが、


結局は自分からアプローチしました。

 

婚活

 


自分から思いを伝えられる人は、


一見、自信があるように見えますが、


少なくとも私の場合は、


相手が自分を自然に好きになってくれることなどあり得ない、


と考えたので、自分から動くしかなかったのです。


つまり私の積極性は、ある種の絶望であり、


自信のなさの表れだったわけです。

片思いする人は気高い

 

お見合い

 

思いを伝えずにいる人は、しばしば 「気持ちを伝えたら、


相手が困るかもしれない と考えています。


このことの意味が、私にはよくわかりませんでした。


だれかが自分に恋をしてくれたら、 まずはうれい、


だろうし、 あとは、好きかそうじゃないか、だけだ。


私はそんなふうに考えていました。


でも、片思いをする人は、そうは思わないのです。


もし自分が思いを伝えたとして、 相手にその気がなかったら、


まずはびっくりするだろう。 そして、自分を傷つけたくないとか、


受け止められなくて辛いとか、


何らかのかたちで、悩むのではないだろうか。


そういう思いはさせたくない。


それが、思いを伝えない理由のーつになっているのです


人間は自分の価値観を基準に他人の行動を予測します。

 

悩む

 


自分だったらこう思うだろうな、と想像するわけです。


片思いをして伝えられないでいる人には、


そういうところがあります。


他者を「他人の気持ちなどどうでもいい、


とは切り捨てられないのです。


だれに対しても、人格や心を最大限に尊重し、


守りたいと願う人なのです。


だからこそ、相手が自分に好意を持っていなかったとき、


相手が悩むかもしれない、と思えるのです。


片思いをする人にはそんな、


いわば人間としての「気高さ」があります。


私には、そう思えます。

 

大切にしている愛の言葉5

 

開運、婚活パーティー2017

 

スポンサーリンク