開運、人相、ホクロ、恋愛、運、アップ

開運ホクロで恋愛運アップ

統計学の中の人相学にホクロで見る恋愛運がありますが、あくまで統計学ですので

あまり依存しすぎず、統計学50%、自分の経験、直観50%での判断をお勧めいたします。

 

仕事や、お見合い、プライベートなどで、初めてお会いした時、

まず第一印象で相手の人柄を判断する場合、髪型、アクセサリー、ファッション、

雰囲気、仕草、立ち振る舞い、声、言葉、におい、などから自分の経験値で、

自然に判断していますよね。

 

その他は最初なので、普通は、何も情報がありませんよね、いきなり年齢をお聞きするのも失礼だし、

住所、家族構成、職歴、年収など解りません。

(お見合いでしたら事前にある程度情報はわかっていますが)

 

そこで初対面の方に何も聞くことなく、顔を見るだけで、ある程度の人柄を

人相学のホクロで判断出来るので、その後のスムーズなコミュニケーションにも

つながります。ホクロなら初心者でも解りやすいですよね。

是非身近な人から試してみて、経験を積みながら今後の活動にお役立て下さい。

 

スポンサーリンク



人相学:ホクロ恋愛運-1

 

開運、ホクロ、恋愛、運、アップ

 

①のホクロは何かと災難にあいやすく、人から受ける恩恵があまりありません。

 

②のホクロは目上と対立しやすく、、女性は夫において苦労が絶えません。

 

③のホクロは、親との縁が薄いか対立しやすい傾向があります。

 

④のホクロは、親との縁が薄いか意見が合わない傾向があります。

 

⑤のホクロは、女性は気が強すぎて夫運が悪くなります。

 

⑥のホクロは、持病を持ちやすいので注意が必要です。また、夫婦の縁の結びつきが弱くなります。

 

⑦のホクロは、体が丈夫ではない傾向があり。男性は女性とのトラブルも多くなりがちになります。

 

⑧のホクロは男性は女難の相。その一方でお金を稼ぐことに長けている人も多くみられます。

 

⑨のホクロは散財の相で勝負ごとに弱い相。

 

⑩のホクロは、子供との縁が薄く、また、心配事が多い。

 

⑪のホクロがある人は美食家ですが、浮気症や性的欲望が強い傾向もあります。特に下唇にある人。

 

⑫のホクロがある人は食運があります。この部位のホクロは吉になります!

 

⑬のホクロは水難に注意が必要です。また、生家(実家)に何か問題がある場合もあります。

 

⑭のホクロは、職業が安定しにくい傾向があります。

 

⑮のホクロは、親から受けた財産を活かすことができず、中年に破産する傾向があります。

 

⑯のホクロ(泣きぼくろ)がある人は多情で、色事(異性問題)で失敗しやすくなります。

 

⑰のホクロがある人は、離婚の相になります。

 

スポンサーリンク



人相学:ホクロ恋愛運-2

 

開運、人相、恋愛、運、アップ、

 

額:1
発想力豊かで何かを生み出す力に長けた人です。良縁に恵まれる事が多く、結婚生活も上手くいきます。

 

鼻のつけ根:2
面倒見が飯野ですが、異性からは恋愛対象として見られないことが多いようです。

 

右まぶた:3
恋愛運が非常によく、異性からモテモテ。しかし、浮気注意。

 

目頭:4
ステキな恋人、結婚相手に恵まれています。また夫婦円満で子宝にも恵まれます。

 

目尻:5
波乱万丈な恋愛をしてしまう体質。しかし経験が人生の肥やしにできる人

 

目の下:6
かなりの恋愛体質で、浮気や三角関係などのトラブルも。

 

鼻先:7

セクシャルな魅力があり、落ち着いた大人の恋愛ができます。ただ、飽き性なところがある。

 

小鼻の周囲:8
恋愛運は良く、異性からモテるほくろです。しかし、残念ながら家庭運は最悪・・・。

 

鼻の下:9
浮気性な傾向があり、同じ失敗を繰り返してしまう。

頬:10
モテ運が最高です。また、人気ボクロでラッキーなほくろです。

 

口元:11
大人な恋愛を楽しめますが流されやすい一面も持つので注意。

 

アゴ中央:12

国際結婚や海外の生活に向いてます。

 

右アゴ:13
しっかり者で、正義感が強く、リーダー気質があり年下からは大人気

 

左アゴ:14

中年期以降、素敵な恋愛ができます。焦らずにじっくり機会を待ちましょう。

 

*人相学のホクロは、先天的のものと後天的なものがありますが、後天的なものは、

現在の心を表します、悪くても、人生は自分で開運して行けるものですので、

あきらめず、開運していきましょう。

 

、開運、相性、調べ方、婚活、愛

 


 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


恋愛 ブログランキングへ

スポンサーリンク