婚活、出会い、女性、パーティー

婚活女性と出会うには、どうすればいいのか?

女性と出会うにはどうすればいいのか? あなたが手当たり次第に、

 

街中やバーや本屋で女性に声をかけたとしよう

 

そのときの女性の最初の反応が想像できるだろうか?たいていの場合はこうだ。

女性というちのは、まともな男性にめぐりあえない現実をいつもぶつぶつ言っているものた。

 

彼女たちが今何歳だろうと、女性なら誰でも、

 

「今の年齢までには結婚しているはずだった」と思っている。そして、

 

いまだに結婚していないにもかかわらず、

 

異性から声をかけられたときの最初の反応は、

 

決まって「なぜこの人は私の邪魔をするの?」なのだ。

 

男は、まずこの事実を理解しておくこと。これは重要なことだ。

 

たとえ出会いがうまくいって会話が弾んだ場合でも、

 

なぜか女性は連絡先を教えてくれない。それはなぜなのか?

 

実は、会話が弾んだと思っていたのはあなただけだったのかもしれない。

 

初対面の女性に話しかける場合、男の立場は女性と同じではないのだ。

 

男は常に必然的にマイナス地点からスタートしなけれぱならない。

 

これは、相手にいい印象を持ってもらえればいいという単純な話ではない。

 

相手の女性は、赤の他人とは今話をする気がないかもしれないのだ。

 

男たちはこの現実を何とか克服しなければならないのだ。

 

特に、女性が魅力的な人であればあるほど、それだけハードルも高くなる。

 

その日、彼女の邪魔をした男はあなたが最初ではないかもしれない。

 

彼女は仕事に向かう途中の地下鉄で声をかけられたかもしれないし、

 

昼食を買いに出かけたとき、あるいは仕事中にも、

 

そして帰宅する途中にも声をかけられているかもしれない。

 

こうした状況を想定して、ここでは女性と出会う可能性のある状況を、

 

3つのカテゴリ ーに分けてみる。

 

1:自然な会話が容易にできる状況

 

2:自然な会話がある程度容易にできる状況

 

3:自然な会話が困難な状況

 

もちろん、状況が容易であれば、それだけ女の子があなたと話をしてくれる確率は高くなる。

 

実際にはあまりにも多くの男たちが、自然な会話が一番困難な状況の中で、

 

なんとか女性をものにすべく時間を無駄にしている。もちろん3つのうちのどの状況であれ、

 

女性と出会うことは可能だが、それが成功する確率には大きな開きがある。

 

現在のあなたが 相変わらずバーで時間を無駄にしているとしたら、

 

出来れば次は何かの婚活パーティーに招待してもらえるよう策を練ってみよう。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

この記事を書いた人

 

スポンサーリンク