大丈夫まだ大きな結婚のチャンスは待っている

男性、婚活、お見愛結婚、悩み

人生経験として熟年となってくると結婚も離婚も経験して「もう結婚はこりごり・・・夫婦なんて・・・」と考えて結婚をあきらめかけている方は多いと思います。


しかし、「この先1人でずっと生きていくのは寂しい」「まだまだ心は若いつもりなので、恋愛をしてこの先の人生を充実させたい」「二人よりも一人で楽だと今までは思っていたけど、この先も一人で行きていくのは・・・」と思い直し婚活を始める人の数は増え続けています。


若い人と熟年の婚活では求める意義そのものが違ってくる場合も多いです。

熟年の婚活は生き方と経験により「こういう風になりたい」という願望よりもこの先この人と一緒なら生きていけるという現実を見ている面が大きく違うところです。


中高年や熟年と呼ばれる年代になると普段の生活を続けながら、自然と結婚のチャンスが訪れるということはめったにない出来事です。


しかし、それはいくらでも自分でチャンスをつくりだすように動いていければ、大丈夫まだ大きな結婚のチャンスは待っているということです

 

スポンサーリンク



 

・求められているのは生活の安定(お見愛結婚)

熟年の婚活では男性に何が最も求められているのか?それは生活の安定です

つまり、会社勤めでも個人でも安定して収入があり、その収入に伴い立場がどのくらいなのかなど社会的ステータスが最も重視されるポイントです


現実的に未来を考えた場合、やはり現在の収入や生活ぶりから自分の未来をも重ね合わせる女性が多いようです。

確かに、地位やお金ばかりが全てではありませんがある程度はないと生活さえできない世の中です。


未来を誰かと共に歩くつもりなら自分自身が安定していなければならないということです。

・出会いの場は待っていても来るものではない

熟年の方は普段の生活習慣が確立されており、今の生活から新しい出会いのチャンスを得るというのは難しいと思われます。


普段の生活では出会うチャンスそのものが限られているので、結婚を目的とした人たちが出会う環境を用意してくれている婚活サービスを利用するのが一番効率のいい方法です。

例えば「婚活パーティー」「婚活サイト」「結婚相談サービス」、結婚相談所・結婚情報サービスを利用するなどです。

 

スポンサーリンク



 

・「自分を変える」必要が大きい熟年の婚活(お見愛結婚)

熟年の婚活は若い世代と違い子供や仕事など、これまで生きてきた経験や積み上げてきた習慣などを新しい生活のためにある程度は捨てていくことを覚悟しなければいけません。

今までの自分を相手に押し付けるのではなく、相手を理解し尊重することで自分も理解しもらうことができます。


また、若い世代に比べ両親の介護の問題や子どもがいる場合には遺産相続についての問題など、なかなか結婚へのハードルは高く、結婚を成功させるという目標を諦めない気持ちが大切になってきます。


シニアの婚活で大切なのは、「自分の拘りや習慣を捨てること」「相手のために自分を変える・変えようとする心を持つこと」「結婚への思いを捨てないこと」です。

結婚に対する相手の意識やこれからのことなど、自分本位だけでは決してうまくいかないのが熟年の婚活です。自分の事も相手の事も見極めながら婚活に臨みましょう。

 


 

スポンサーリンク