結婚-重要

結婚したい独身女性の為にお見愛結婚

 

恋愛の戦略を学ぶ前に知っておきたい事、まずは、

 

独身女性を取り巻く環境、

 

独身男性の現状と傾向、

 

華やかな30代独身女性

 

30代の独身女性が増加しています。

 

その多くは会社勤めをしながら、仕事以外の時間は趣味の習い事やエステに通い、

 

休暇には旅行と忙しく充実した生活を送っています。彼女たちは流行に敏感で、

美味しいものに詳しく、年に数回は海外旅行をし、

 

中にはマンションを購入している人もいて、みな独身生活を満喫しているように見えます。

 

でも、彼女たちは口をそろえて言います。

 

「出会いがない」「誰 かいい人いたら紹介して!

 

20代のころにもっと真剣に結婚相手を探しておけばよかった……」

 

「最近は飲みに誘ってくれる人もいない……」

 

「素敵だなと思う男性はみんな結婚している」「子供は欲い、

 

けど結婚相手がいない」「そんなに高望みしていないの。

 

普通でいいのに普通の人がいない」「この年齢まで独身できたら、

 

いまさら結婚相手に妥協できない」と。

 

彼女たちは、「結婚したい」と思いながら、適当な相手が見つからず、

 

独身のままなのです。

 

スポンサーリンク




 

「いい人」探しの先には

独身

 

ところで、結婚に適した相手、

 

彼女たちの言う「いい人」とはどんな人なのでしょう。

 

実際にどんな人がいいのか尋ねてみると、さわやかな人がいいと抽象的だったり、

 

医者がいい」 と職業が限定的であったり。医者なら誰でもいいのかと思うと、

 

生理的に受けつけない人は駄日だったり……。それぞれの いい人を見つけるのは、とっても難い、

 

それに30代にもなると、ある程度社会経験を積み、自分の価値観やライフスタイルが確立されてきます。

 

友達の恋愛や結婚、家庭生活の話を聞いて、自分の経験以上に情報が集まって、

 

結婚に対して慎重になっていきます。その結果、

 

相手に求める条件がだんだん厳しくなってしまって、

 

ついては「好き」 という感情だけで結婚が決められなくなってしまいます。

 

条件が厳しくなると相手はとても見つけにくい。

 

見つかっても、そんないい条件の男性を他の女性が見逃すはずがない。

となると、その先には高い確率で他の女性との激しい争奪戦が待っています…

高学歴な悩み

条件

最近では女性でも4大卒が主流になって、

 

男子学生と同等意識の女子学生が増えました。それにともなって、

 

就職に対する意識も意欲も高まって、男性と職務も処遇も同等で働く事を望み、

 

キャリアウーマンを目指すようになってきました。

 

しかし、就職氷河期は企業の新卒採用枠が少なかったため、厳しい競争の中、

 

思い通りの就職ができず、とりあえず、契約社員や派遣社員として働きながら、

 

そこでキャリアを積み、チャンスあれば正社員登用してもらうか、

 

より好条件の仕事に転職しようと考えながら働いているのが現実でしょう。

 

もちろん、キャリアアップを目指し、ビジネスで優位な条件になる資格取得にも積極的で、

 

仕事後はスクールに通って、自己 啓発の努力を惜しまない女性もたくさんいます。

 

でもそうやってある程度キャリアを積み、地位も確立できたとき、

 

自分磨きに頑張った分だけ、結婚相手に望むことも多くなり妥協もできなくなっていて、

 

「そろそろ結婚を」と考えても、そのキャリアに見合う男性が見つかりません、

 

もっと深刻なのは、何年もがんばった末にキャリアアップを挫折した女性たち。

 

転職して、契約社員や派遣社員として働いていて、

 

いつ職を失うかもしれないという不安を抱えたままでは、

 

なかなか良縁にめぐまれません。

 

スポンサーリンク




 

立たない男立てない女

結婚-平等

最近の女性は、学生の頃から男性と対等な立場で競いあっています。

 

それに、男性は「相手を養う」、女性は「相手につくす」 という昔ながらの男女間の意識が薄れ、

 

全てにおいて平等感覚になりつつあります。

 

だから、今さら「男性を立てて」なんて発想がばかばかしく、

 

「立ててもらわなければ立てない人は、立たなくてもいい」とばかりに、

 

結婚も「相手に選んでもらう」という気持ちよりも、「自分が相手を選ぶ」という気持ちが強いようです。

 

しかしそんな感覚をもちながらも、女性は「自分より多くの点において優れ、

 

頼れる男性」を理想の結婚相手とし、

 

男性は 「自分より優秀で気位が高い女性は敬遠する」傾向が潜在意識にあるため、

 

理想の相手がなかなか見つかりません。

 

女性の高学歴、華々しいキャリアが、ときに結婚のハードルを 高くし、障害となるのです。

 

経済的にも精神的にも自立し、自信に満ちた「できる女性」に 独身が多い理由はここにあります。

結婚できない不安

高学歴

多くの独身女性が「まだ結婚は早い」「そのうちに結婚できる」

 

という思いで20代を過ごし、30代になって「そろそろ結婚をしなくちゃ」

 

と結婚を意識し始め、30代後半で特にお付き合いしている人もいないと、

 

「もう結婚できないかも」と不安な気持ちになるようです。

 

30代にもなると、友人からの年賀状も「結婚しました、

 

「新し い家族が増えました」と幸せそうな写真付きのものが増えてきます。

 

1年ごとに友人の子供が成長していく姿を年賀状で見ると、

1年前と何も変わらない自分がとても遅れをとっているような気持ちになって、

 

久しぶりに親と顔を合わせれば、「誰かいい人いないの」

 

「誰かに頼んで相手を探してもらおうか」と、 結婚の心配をされて……。

 

言われなくても、出産年齢のタイムリミットがちらつき、年老いていく両親の姿を見れば、

 

結婚への焦りは加速します。結婚している人と自分の違いはどこにあるのか、

 

どうしたら結婚できるのか教えて欲しくもなります。

ひとりで年金暮らし

独身のまま、30代半ばも過ぎると「このまま独身で老後を迎えた場合、

 

自分の生活費はどうなるのだろう」と老後の経済基盤に漠然とした不安を感じはじめます。

 

将来の収入と支出のバ ランスを真剣に考え、マンションの購入を検討し始めるのもこの年代です。

 

女性に限りませんが、正社員か非正社員か、

 

雇用形態による処遇の格差は大きな問題です。非正社員の平均年収は、

 

正社員の約3分の1という調査結果もあって、非正社員は低賃金、

 

雇用の不安定、勤務先の社会保険に加入できないなど、

 

生活に直結する悩みを抱えながら働いています。非正社員で働き続けた場合、

 

年金だけでは老後の生活は経済的に厳しい。歳をとっても、

 

体が動くうちは生活のために働き続けなければならない可能性が高い……。

 

このまま独身で、老後ひとりで年金暮らしをしている自分の姿が目に浮かび、

将来の不安が募ります。そして「子供は諦めても、

 

老後を一緒に過ごしてくれる人を見つけなくては」

 

という 気持ちが徐々に芽生えてきます。

出産までの道のり 結婚-出産

「学業一就職一結婚一出産という順番が日本人女性のライフプランの定番となっていますが、

女性の高学歴化が進むにつれ 「就職一結婚一出産の年齢も上がっていく傾向にあります。

 

でも、シングルマザーになってでも子供を産みたいと思う女性はまだ少なく、

 

出産するには結婚が前提条件となっています。 「医療技術や不妊治療技術の向上により、

 

40歳を過ぎても子供は産める」「子育てしながら、今の仕事はできない」と思うと、

 

「今は仕事優先、結婚・出産はもう少し後でもいい」

 

と先送りしてしまう女性が増えまた子供が欲しくても、

 

結婚相手が見つからないために産むタイミングを逃している女性も多い。

 

「いつでも産めるけど産めない」現状。出産までの道のりは思いのほか遠い……。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


恋愛・結婚 ブログランキングへ


 

スポンサーリンク