結婚-近道

 

婚活女性が、これから、結婚相手を見つける近道!

婚活女性がこれから、結婚相手を見つけるには、競争率が高い、高学歴、高収入、高身長の、

 

モテモテで余裕をかまし、なかなか結婚を決めない、浮気覚悟の恋愛大好きタイプから見つけるより、

 

掘り出し物の、仕事人間、農業、自営業、などで経済力もあり人柄も悪くないのに、仕事が忙しく、

 

なかなか出会いがなかった人から「素敵な男性」を見つける方が 、

 

将来的には、幸せな結婚の近道かもしれません。私は、こちらをお勧めします。

結婚しない男たち、独身男性の現状はどうなのでしようか ?

男性は女性と異なり、出産年齢のタイムリミットがありません。

そのせいか、女性に比べ結婚をのんびり構えているようです。

 

「いずれ結婚をしようと思うが、今は結婚したいと思わない」

 

「結婚を決意させるほどの女性がいない」という意見が多く聞かれます。

 

「恋愛はするけど、結婚はまだしない、そんな結婚に消極的な 、

 

男性が増えているようです。

かっこよく生きたい

結婚平均年齢の上昇と離婚の増加で、

 

30代男性の大半が独身で、40代で独身もめずらしくありません。

 

同世代の仲間が独身だと、互いに自由な身分で、仕事が終わってから食事をするのも、

 

休日遊びに行くのも誘いやすい。誘えば誰かが来てくれる。適当に女の子も連れてきてくれる。

 

また、ひとりで過ごしたいときは誰とも会わずにいられます。

 

養う家族もいないから、自分の収入を自分の思うままに使えます。

 

そのときどきで 一緒に過ごしたい相手を選べる気楽さ、

 

自由は独身の特権でしょう。

 

男性でも腕時計や靴、バッグなど小物にこだわる人が増え、

 

男性用香水や化粧品が次々と発売され、売れ行きも伸びています。

 

清潔感漂う男性、おしゃれを楽しむ男性が増えてきています。

 

自分のスタイルにこだわり「かっこよく」生きることを望み、

 

結婚後の生活にも自分なりの「かっこよさ」を求めるようになってきているようです。

スポンサーリンク



もっといい人を探して

そこそこモテる男性は、

 

結婚してから後悔するのを恐れて、素敵な女性と交際していても、

「もっと自分に適したいい人がいるのではないか」と迷い、

 

なかなか結婚まで決められないようです。

 

「自分に適した人はどんな人か、結婚相手に求める明確な答えを持たないまま、

 

「もっといい人」を探し続けているので、

 

初対面の印象や相手の肩書きでさらっと評価して、

 

本質的な部分(内面)を見極めないうちに、

 

次から次へと新しい女性に目移りしていきます。

 

人間関係を築く基本である「この人はどんな人だろう」という関心が低いようです。

 

これではいつまでたっても表面的な付き合いしかできません。

 

当然交際中に互いの本音をさらけ出して喧嘩することもなく、

 

ちょっとした違和感であっさりと別れてしまったりするようです。

「好き」と言わない

最近の男性は、自分から好きな女性に、

「好き」と言いません。 週末に、二人で食事やドライブに行くような関係になっても、

 

友達として誘っているのか、特別な好意を抱いて誘っているのか、

 

はっきり意思表示をしないのでよくわかりません。

 

フラれてかっこ悪い思いをしたくないのか、

 

相手が自分のことをよく知らないうちに、「好き」と告白して、

 

気持ちを受け入れられず、そこで2人の関係が終わってしまうことを避けたいのか、

友達以上恋人未満のあやふやな状態を続けることが多いようです。

 

ときには一線を越えた関係になっても、はっきりしない男性がいます。

 

女性側にしてみると、相手が本気でつきあっているのか、

遊び相手として見ているのか不安になります。時間を掛けて、

 

相手をよく見極め、自分の良さを十分に知ってもらった上で、

 

告白するのか、もしくはそんなことをわざわざ言わなくても、

 

自分の想いを感じ取って欲しいと思っているのか、

 

なかなか 交際の合図となるキメ言葉を言いません。

 

そうかと思うと、出会って間もない頃から、好き、好き、好き、

 

と猛烈にせまってくる男性もいますし、

 

自分勝手に、(僕と結婚したら)、話で盛り上がる人もいます。

 

このように何を考えているのかよく分からない男性ですが 、

 

大きく五つのタイプに分けることができるようです。

スポンサーリンク



男性の5タイプ

①「恋愛大好き」タイプ

社会的地位の高い職業につき、高収入の男性は、自分と交際を望む女性はいくらでもいると自覚し、

 

結婚の「相手」も「タイ ミング」も決定権は自分にあると思っています。

 

常に合コン相手の女の子がいて、出会いに事欠かない。

 

逆に、出会いが多すぎて一人の女性に決められないのです。

 

またちょっと食事をするくらいの女の子はいくらでもいるので、

結婚への焦りを感じることもなく、いつでも若い女性と結婚すれば、

 

自分の子供が持てるだろうと思っています。

 

それに、結婚して家庭に束縛されるよりは、

 

独身の自由気ままな生活を「もう少し」長く送りたいという思いもあります。

 

そ の「もう少し」がすごく長かったりする・・そのせいか、

 

女性に比べ結婚をのんびり構え、「結婚を決意させるほどの女性がいない」

 

と言いながら、何人もの女性と付き合い、なかなか結婚をしません。

 

自分に自信があるから、自分のライフスタイルを変えてまで、

相手に尽くそうとも思いません。分かりやすく言い換えれば、「オレ様」です。

 

そのせいか、自分をまるごと受け入れてくれることを相手に求め、

 

相手のペースに合わせることにはストレスを感じるようです。

②「恋愛省エネタイプ

就職氷河期以降に社会に出た世代は、消費を抑え貯蓄に励む傾向が強いと言われています。

 

現実的でクール、堅実な生き方を好み、無茶をしない。実りの少ない「合コン」に費やす時問も 、

 

お金ももったいないと感じて、それよりも気の合う仲間と会っていた方が楽しいと思っています。

 

車は人とモノを運ぶハコと考え、高級車よりも燃費のいい車を好み、

 

場合によっては車を所有しようとも考えません。

 

得するよりも損をしないことを考え、無駄なことはしない。

 

コスト意識が高く、結婚に対しても冷めた感覚で、極めて現実的です。

 

家庭を持てば、半永久的な生活費用負担を抱えることになると考え、

 

女性は男性よりもコストがかかると思っているのでゴー ジャスな女性には近づきません。

 

だから恋愛には極めて慎重です。無駄な動きをしないので、

 

当然出会いの場になかなか出てきません。

③「仕事以外の余力ゼ口」タイプ

仕事に忙殺され、全ネルギーを使い果たしてしまい、

 

恋愛する気力もない男性です。合コンする時間があったら家で寝ていたい、

 

仕事以外の余力ゼロ状態です。デートする暇もないから、

 

出会いがあってもなかたか恋愛に進展しません。

④「出会いがない」タイプ

結婚適齢期に結婚の対象となる女性が少ない地域に赴任していたため、

 

相手が見つけられなかった男性です。

 

地方にある研究所 などに勤務し、職場に女性がいない、

 

地元でも結婚の対象となる女性と知り合う機会がない人 。

 

農業や自営業を営み、女性と 出会う機会のない人。

 

経済力もあり、人柄も悪くないのに、独身のままであることが多いタイプです 。

⑤「女性慣れしていない」タイプ

女性がどういう生き物か分からない、

オクテで恋愛経験の少ない男性です。人柄が良くても、

 

不器用さが目立ってしまい損をしています。普段から女性慣れしていないので、

 

理想の女性と会っても、どう接していいか戸惑ってしまいます。

 

何を話したらいいか分からず口ごもり無口になってしまうか、

 

相手が興味を持っていようがいまいが関係なく、一方的に話したり、

 

りたいことをやってしまったりします。

トレンドやおしゃれに敏感で、相手の反応を見て、

 

臨機応変に話題を選び、何かに誘ってみることができないので、

 

希少な出会いをモノにできず、自信喪失し、ますますオクテになってしまうか、

 

結婚はもういい」と諦めてしまいます。

 

結局、普通の出会いでは上手に自分をアピールできないため、

 

周囲が事前に自分を売り込み、出会いをお膳立てしてくれる、

「お見合いで結婚する人も多く、また自分の良さを認めてくれ、

 

優しく献身的に接してくれる、外国人女性と結婚するケー スもめずらしくありません。

 

独身男性の現状は、理想の結婚相手として人気の高い、

 

①「恋愛 大好き」タイプが出会いの場を独占し、

 

女性からの熱い視線を集めています。でも彼らはいつでも相手を選べ、

 

その気になればいつでも結婚できる立場にいることを認識しているので、なかなか結婚を決めません。

 

「プロポーズは男性から」なんて控えめに待っていると、

 

いつ結婚できるかわからないので、このタイプは、

 

「結婚を決意する」ように女性から働きかけていきましょう 。また浮気は覚悟の上にですよ。

 

目先をかえて、出会いの場になかなか出てこない②~⑤タイプを地道に開拓し、

 

掘り出し物の「素敵な男性」を見つける方が 結婚へは近道かもしれません。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


恋愛・結婚 ブログランキングへ

スポンサーリンク