心境しだいで、奇跡は誰にでも起こせる、人間に絶望などありません

開運婚活パーティー、奇跡

奇跡を起こした人の三つの共通項

重篤のがんから奇跡的に回復された方、

 

不幸から立ち直った方には三つの共通項があります。

 

まず第一に、現実に起こっていることと決して闘わないことです。

 

病気や苦しみ、災いを前にして、ああすればよかった、

 

こうすればこんな目にあわなかったのにと思い煩うのではなく、

 

「過去からは学ぶだけ、起こったことは感謝して受け入れ、

 

それを将来に生かす」と明るく前向きな考えを持っています。

 

スポンサーリンク



 

二番目は夢をかかげていること、志を高く強く持っていることです。

 

苦しみを引き受け、それを乗り越えようとしています。 病気であることを受け入れ、

 

気持ちが治まったら、もっと生きようと将来に希望を持ち、夢を持っています。

三番目は、もしも生き長らえることができたら、

 

残りの生命を他人のために生かしたいと強く願っている事です。

 

同じ状態が続くはずがないと信じ、明るい面を見続けることで、

 

人間は変化し癒されます。 これは人間の本能です。

 

他の人のためになることで、自分が輝き光を放つことができます。

 

ですから、病気だけでなく、苦しみ、不安、恐れ、

 

すべてを受け入れて、いい方向を見続けることで、

 

あなたが自分を変える力を持っている、

 

孤独ではないのだと確信し、実感していくことが大切なのです。

(開運婚活愛)

 

スポンサーリンク



 

本当の奇跡とは

奇跡的に病気が治ることもあり、それは喜ばしいことですが、

 

本当の奇跡というのは、病気が治らなくてもいい、車椅子なら車椅子でもいい、

 

生かされて命を共に生きていこうという心境に到達したときが奇跡なのです。

 

人間に絶望はありません

ぎりぎりの苦しみの極限に陥れられたときこそ人間回復の時です

 

人間には絶望ということはありません。

 

助けを必要としている存在、癒しを必要としている存在であることを、

 

気づかせてくれるときなのです。

 

例えば、左の方向の極限状態へ振り子が振られたなら、抵抗しないで、

 

左の極限にまでいき、それを味わってください。

 

自然の法則で、今度は必ず、右へ振り子はもどるのです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


恋愛・結婚 ブログランキングへ

スポンサーリンク