相手と交流を深める

婚活、出会い、結婚、お見合い、恋愛

初めて会った日に、相手のことを全て知り、

 

自分のことを全てアピールするなんて絶対に無理です。

 

最初の出会いで「この人は!」 と感じた人とは、

 

もう一度会うチャンスを掴んでおくことがとても大切です。

 

 

スポンサーリンク



 

~交流のポイント~

相手と交流を深めるためには、ある程度連絡をとりあう必要 があります。

最初はメールが便利ですから、メールアドレスをゲットする基本手順を紹介します。

 

礼儀として、幹事には必ず今日は楽しい会をありがとうございました、

 

と挨拶に行って、お礼の気持ちを込めて自分から名刺を差し出しましょう。

 

たいてい相手も名刺を渡してくれます。

 

気に入った相手には「〇〇さん、すてきですね。私のお友達にも紹介させてください。

 

ご都合のよろしいときにお食事会でも開きませんか」

 

と言って、相手が「いいですね」と言っ たら、

 

すかさず名刺交換をして連絡先をゲットしましよう。

結婚、婚活、お見合い、結婚相談所

「お誘いメールの書き方」

翌日の午前中にお礼のメールを送る際に「〇〇さんのお話は、とても興味深く、

 

よい刺激をたくさん頂きました。お忙しいと存じますが、

 

ぜひ、お友達に〇〇さんを紹介する機会を設けさせてください」

 

ともう一度会いたい旨を伝えるメッセージを添えて送りましょう。

 

メールに「いつでもいいですよ」と返事がきたら、

すぐに「再来週くらいでご都合のよろしい日がありましたら、教えていただけますでしようか?


と日程をおさえる。次に「せっかくのお食事会ですから、

 

大勢で交流を深めませんか。男性3人女性3人くらいでいかがでしょう」

と人数の調整をする。人数は男女3人~5人ずつくらいが、

 

お店の予約もとりやすくアレンジしやすいです。

 

 

スポンサーリンク



 

「2度目のチャンス」


当日は、こちらから誘った会なので、
絶対に遅刻しないこと。きれいな身だしなみで礼儀正しく振舞いましよう。

 

先方が遅れてきても「お忙しいのに、お時間を作っていただ いて恐縮です」

 

と丁重な応対をしましょう。

 

だいたい男性は遅れて来ると思ったほうがイライラしなくて済みます。

 

女友達とのおしゃべりで楽しく過ごし、気分を盛り上げておきましよう。

 

会を取り持ってくれた男性(狙いの彼)にお礼を言うこと。

 

もちろん会の趣旨である「友達を紹介」する。

 

この時、さえない友達では駄目。相手は、自分の交友関係からも、

 

自分を評価するものです。できるだけ華のある女友達を紹介しましよう。

 

そして、男性が連れてきたメンバーとも好意的に接して 交流を深めましょう。

 

他の男性が自分のことを「あの子いい子だね」と彼に言ってくれれば、

 

彼の自分に対する好感度が上がります。

婚活、お見合い、恋愛、結婚

 

「2人で会う約束をする」

もう一度会ってみて「ステキな人だな」と思ったら、

 

今度は 2人で会う約束をとりつけましよう。

 

まず、会の習朝にお礼のメールを送り、

 

相手の反応を見て、「昨日お話に出ていたレストランに行ってみたいのですが、

 

ご一緒しませんかと誘ってみる。

 

相手の行きつけのお店に連れて行ってもらうのも良いでしょう。

 

反応①→忙しい、と返事が来たら、1か月くらいあけて、また誘ってみましょう。

 

反応②→いつでもいいですよ、と返事がきたら、

 

1週間後くらいで相手の都合のいい日を教えてもらい、

 

お店の予約の取れる日で、調整しましよう。天気予報もチェックして、

 

悪天候の日はなるべく避けましよう。

結婚、婚活、お見合い、結婚相談所

 

「2人で会う」

2人で会っても、すぐに色目を使ったりしないこと。

 

相手の仕事の話や趣味、好きな食べ物や、

 

その人に関することをさりげな<いろいろ聞き出してみましょう。

 

矢継ぎ早に質問して尋問のようにならないように気をつけて。

 

くつろいだ自然な雰囲気づくりを心がけて、

 

その人が話したいと思っていることを話してもらいましよう。

 

まずは、聞き役にまわります。相手に聞かれてもいないのに、

 

自分の話を一方的にしたりしないこと。相手の話の流れに合わせて、

 

自分のアピールを少しする程度でいいです。

 

相手が気持ちよく過ごせるように、配慮しましょう。

 

2人で会ってみると、相手のことがずいぶんリサーチできます。

 

女性の扱い方で女性経験が豊富か否か、自分に対する質問で自分に関心を抱いているか否か、

 

食事のマナーで育ちや 食に対する関心の深さが分かります。

 

相手への配慮ができるか、論理的に話ができるか、

 

場所をわきまえた言動ができるか、オーダーや支払いはスマートかなど、

 

こまかく観察すれ ば、

 

会話の内容以外にも彼の人となりをたくさん知ることができるものです。

 

そして「彼をもっと知りたい」と思うか、思わないか。どちらにしても、

 

別れるときには「今日はとても楽しかったで す。ありがとうございました。

 

また近いうちにぜひご一緒させてください」と笑顔で言って、

 

さっと帰る。くどいですが、すぐに特別な関係になったりしない。

 

 

スポンサーリンク



 

「2人で会った後は・・」

お互いに「また会いたい」と思えば、次の約束をとるのは簡単です。

 

「もういいと思えば、翌朝お礼のメールを送って、

 

もうこちらからは連絡をとらなければいいでしょう。

 

自分が「会いたい」と思っても、相手から連絡がない場合、

 

しばらく間をあけて、「今度〇〇の会を開きますが、

 

いらっしゃいませんか」と複数メンバーの会を企画し、

 

お誘いしてみましよう。相手が興味をしめし、参加しやすい会を企画すること。

 

特別な関係にならなくても、人脈のキーマンとして関係をつ

 

ないでおきたい場合もあります。その場合は相手が興味を、

 

持ちそうな会や参加しやすい会に、ことあるごとに誘ってみましょう。

 

会う回数を重ねうちに親密度が増して、

 

相手も男友達との集まりに自分を誘ってくれるようになれば、

 

出会いのチャンスが広がります。

婚活、結婚、お見合い、出会い、

~交流の深め方の手順(お試し開運婚活体験3か月)

交流の深め方は活動の重要ポイントなので、手順を簡単にまとめておきます。

 

①出会った日にメールアドレスを教えてもらう。

 

②翌朝にお礼メールを送る際に、「またぜひご一緒させてく ださい」とこちらの好意を伝える。

 

③返信を待ち、相手の反応を見て、具体的にお誘いする。

 

このとき相手が、誘いにのりやすい方法で、誘うのがポイント(2人で食事でもいいし、

 

合コンやパーティー、何かをテーマにした意見交換会や異業種交流会でもなんでもいい)。

④2回目は、最初に会った日から2週間以内に会う。 最初に会った日から、

 

あまり日が経ってしまうと印象が薄れ、忘れられてしまいます。

 

⑤2回目に会った後も、翌朝お礼メールを送る。

 

「またぜひ ご一緒させてください」と好意を伝える。

 

相手の反応を見て、またお誘いします。

 

この①~⑤の繰り返しで、会う回数が増えれば、親しい仲になれますが、

 

知り合った最初の頃に、マメに会うと交流を深めやすしでしよう。

 

人間は同じ顔を何度も見ていると、愛着が沸くようにできているそうなので、

 

親しくなるには、あまり時間をあけずに、会う機会を多くすると、効果的です。

 

まだ2人きりで会うと緊張してしまう期間は、

 

自分らしさを出しやすいメンバーを交えて会うとよいでしょう。

婚活、結婚相談所、恋愛、お見合い、開運、良縁、出会い

 

恋に焦らない

連絡先を教えてもらっても、出会った日にメールや電話をしてはいけません。

せっかく送ったメールが「酔った勢いのメー ル」とか「帰路の時間を利用したメール」

 

と思われたら、マイ ナス効果です。メールも電話も一呼吸待つのが鉄則。

 

出会った日の夜は素敵な出会いの余韻に浸って、高ぶった気持ちを静め ましょう。

 

相手もいつもの自分に戻りホッとする時間が必要ですし、

 

もしかしたら、帰宅を待っている人がいるかも知れません。

 

そんなときに知り合ったばかりの女性からメールや電話がきたら、

 

びっくりして気が休まらないでしょう。

 

相手と親しい間柄になるまでは、軽々しい、馴れ馴れしい、

 

うっとうしい女と思われないようにメールも電話も一呼吸おいてからしましょう。

 

恋に焦りは禁物です。

 

「私にはあなた以外いないの」と迫ってくる女性に男性はうっかり手を出しませんが、

 

「他にも私を愛してくれる素敵な男性はいるの。だから

 

あなたとは恋愛関係になってもならなくてもどちらでもいいの」

 

と余裕を感じさせる女性に、男性は惹かれてうっかり手を出すものです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


恋愛・結婚 ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼