結婚-タイミング

結婚のアクションがない彼に、結婚を決意させる。

これまでの活動を通じ、結婚相手の候補として男友達の中から2- 3人選出できたでしょうか。

 

できれば、相手も「そろそろ結婚 を」と考えている人を選んだ方がよいでしょう。

 

「まだまだ独身を満喫したいと、

 

全然結婚する気のない男性を選ぶ場合は 長期戦を覚悟しましよう。

デートで男心のタイミングをつかんで恋に落とす

結婚-狙い

友達として接していた男性と恋愛関係になるには、

 

意識的に恋愛モードに切り替えます。お互いに異性として意識し始める瞬間が同じであれば、

 

自然の成り行きに任せればよいですが、

 

相手が自分を女性として意識していない、恋愛の対象として見ていない場合、

 

それまで抑えていた女性の色気を出して、相手に 異性として意識させるよう演出しましょう。

スポンサーリンク



結婚を匂わせない

結婚-奥ゆかしい

相手のハートをしっかり掴むまでは結婚を匂わせません。特に 30代の女性は、

 

うっかり手を出すと結婚を迫られると男性も、警戒してしまいますから、

 

最初の内は絶対に結婚をによわせてはいけません。

 

最初は結婚してもしなくてもいいのというスタンスでふるまったほうが、

 

相手から受け入れられやすいでしょう。

恋愛の誘い水

結婚-女性

友達感覚の彼に自分を異性として意識させるために、

 

恋愛の きっかけをつくります。彼の男心を刺激するハッとするような 演出を工夫します。まずは、

 

雰囲気のいい照明が暗めのお店で 仕事帰りのデートを約東してみます。

大人の女性の色気を演出できる勝負服でデートに挑みます。

 

少し胸元の開いている服が良いでしよう。女性は胸から恋愛の運気を吸収します。

 

ハイネックの服では男性を落とせません。

 

ただし彼とのデートのために勝負服を着てきたと思わせないこと。

 

いつもと違う服装や雰囲気に、彼がハッとして驚いた様子なら、

 

「今日は大事なお客様との仕事があって」と言えば、

 

「そうだったのかと深く詮索しません。こちらが構えると、

 

相手 も構えてぎくしゃくしてしまいます。いつもと同じように接しながらも、

 

いつもと違う雰囲気で彼が気づいていない「女の部分」を魅せつけましょう。

 

最初は控えめに、お酒が入っていい雰囲気になってきたところで目線や笑い方、

しぐさで女の色気を存分に演出します。彼の男心を刺激して、

 

男性としての本能を呼び起こします。「あれ、 今日はすごく色っぽく見える、

「この子こんなに椅麗だったっ け」と、

 

彼がいつもとは違う目線で自分を見るように仕向けま す。

 

あれ?と思うと、いつもよりじろじろ見るものです。

 

前からはそんなにじろじろ見られないので、彼は後姿をよく見 ています。実際に、

 

彼女を選んだ理由について「後ろから見たふくらはぎがタイプだったとか「お尻が誘っていた」

 

という 男性のコメントを聞きます。後姿もきれいに見える勝負服がいいでしょう。

 

階段を先に昇るときも後姿をよく見られているので、

 

スリット深めのスカートから内モモがちらっと見えるなど、

 

セクシーな演出に挑戦してみてください。

 

食事の後、彼が「もう一軒行こうよ」と誘ってきたら、迷わず 行きましょう。

 

いい雰囲気になって、彼が何らかのアクションを起こしてきたら、好意的に受止めつつ、

 

「キス」まででやんわりストップ。余韻を残しながら、

 

電車のある時間でさっと帰りましょう。恋愛の誘い水を向けて、

 

彼が「もう少し一緒にいたい」と思うタイミングで潔く帰るのがポイントです。

 

とにかく簡単に相手の欲求を飽和状態にしないこと。

 

最初のデートでベッドインして朝まで一緒に過ごすなんてもったいな し、

 

一晩で佳境に達し、翌朝興醒めしてしまいます。

 

恋愛は相手を求める気持ちが満たされない切なさが、

 

より恋心を燃やし、相手を求める気持ちが強まるものです。

 

すぐに手に入る女はつまらない。せっかくなら恋愛の過程を楽しんだほうがいい。

 

そんなゆとりが、大人の女性を感じさせます。もったいぶった女、

 

面倒くさい女と思われない程度で、楽しみは残しておきましよう。

スポンサーリンク



ムードを高める

結婚-お見合い

2人の距離をぐっと近づけたいとき、

ムードを高める演出が効果的です。ムードを高めるには 、

 

やはり近づいて座れる、並んで座れる席がよいでしよう。他の客や店員の視線が気にならない。

 

照明が薄暗く、雰囲気がよい、きれいな夜景が見えたり、

 

ジャズの生演奏が聴ける高級ホテルのバーを利用するとよいでしょう。

 

このシチュエーションで美味い、シャンパンを頂いたら、

何とも思っていない相手でも素敵に見えてしまうものです。

 

お酒の力を少しだけ借りて、「あなたが好き」オーラを出してみましょう。

 

ちょっと酔ったふりをして甘えて、耳元で何かささやいてみます。

 

酔って潤んだ瞳でじっと見つめて「今度いつ 会えますか」と聞いてみる。

そして相手の出方を見てみましょう。

不干渉の女

結婚-開放

しつこい女、うるさい女、重たい女、押し付けがまい、女は うっとうしく感じ、敬遠されます。

 

自分と一緒にいる時以外に 相手が何をしているのか、しつこく詮索しない,

 

追いかけな い“彼の世界、ペースを尊重し、東縛しない不干渉の女になりましよう。

 

一緒に過ごす時間は、とことん相手を想い、

 

それ以外は彼を解放する。あまり干渉しないことが大事です。

 

自分も彼以外の付き合いがあること、他の男性からも誘いがあり人気があること、

 

交友範囲が広いことを匂わせましょう。

 

二人の会話の中で「この前温泉に行ったの」とか「ゴルフに行ったの」など、一人では行かない場所の話をし、

 

「誰と行ったか」 をあいまいにしておきましよう。

 

誰からも誘いのない女性や自分だけを追いかけてくる女性に男性はあまり魅力を感じませ ん。

 

交際しても、他の男にとられない、自分から離れていかないと安心しきってしまい、

 

あまり気を配らなくなります。相手と同じように、彼の知らない自分の世界を持っておいた方が、

 

「放っておくとどこかに行ってしまう」不安がよぎって、マメに二人の関係をケアしてくれます。

いずれにしても相手が自分と会いたいと思えば、何らかのアク ションを起こしてきます。そのときに、

 

相手が誘いやすい関係を築いておきましょう。

 

相手が自分とのデートのために週末の予定を空けてきたら、

 

自分を気に入っている証拠。相手の心をつかみかけています。

ブラックリストの女にならない

結婚-婚活

「かかわると厄介なことになる」と思う女性に男性は近寄りま せん。

身の危険を感じれば「逃げろとばかりにその場をさっと足早に去っていくドライな男性も多いです。

 

思いがけず嫌な レッテルを貼られて、男性のブラックリストに載らないように 気をつけましょう。

 

いい女の情報と同様に、悪い女の情報も あっという間に広まります。

 

一度貼られたレッテルを返上するのはなかなか難しいものです。

 

だらしのない女l”’おしゃべりな女、相手に完壁を求める窮屈な女、

暗い女,重たい女,・・押し付けがましい女‘‘うるさい女,

 

しつこい女,金のかかる女、,などのレッテルが貼られると、

 

男性は近づいてこなくなります。

 

男性にふられた後に 「私の何がいけなかったのか教えて欲しい」と真顔で悩む女性 がいますが、

 

そんな言葉の裏には「私は完壁というプライド の高さと価値観の押付けが感じられます。

 

知らず知らず-緒にいる男性を息苦しくしていることがあります。

相手の趣味に興味を持つ

結婚-趣味

相手の趣味に興味を持ち、いろいろと教えてもらいましょう。

 

できれば一緒に参加させてもらうのもよいでしょう。

好きなこ をしているときは誰でも生き生きして輝いているものです。

 

興味の対象が同じ方向に向けば、共通の話題も増え、親近感が わいてきます。

 

スキューバーやサーフインで出会った人と恋に落ちる話をよく聞きます。

 

スキューバもサーフインもピチピチのボディースーツ を着て、

 

ほとんどノーメーク、髪は海水でびちょびちょ、女らしさを演出するのは難しく、

 

素の自分を丸出しです。それで も、恋に落ちる確率が高いのは、

 

共通の趣味を通じて知り合っているからで、

 

生き生きした自分や感動の瞬間を共有しているからでしょう。

 

興味が同じ方向に向いている人とは、会話が弾み、親密な関係を築きやすいものです。

引き際を知る

結婚-デート

恋愛モードに切り替えてデートしても、いい雰囲気に持ち込めず、

「じや、また」と彼があっさり帰ってしまって、その後、 次のデートのお誘いもなく、

 

相手が何もアクションを起こして こない場合、「今は落とせるタイミングではない」と判断して、

潔く引いた方がよいでしよう。相手に気がないか、

自分と恋仲になれない何らかの事情があるか、


いずれにしろうまくいかない可能性が高いので、それ以上深追いしないこと。

 

諦められない相手なら、改めてアプローチするタイミングを伺った方がよいでしよう。

 

少し期間をあけてから、もう一度こちらからデー トに誘ってみて、

 

彼の反応を見て「落とせる相手か否か」改めて判断しましょう。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


恋愛・結婚 ブログランキングへ


スポンサーリンク