ずっとモテなかったあなた、ちょっとしたヒントで女性が求める男に誰でもなれる。

e11

つい男が忘れてしまう、共感意識

最近売り出し中の心理力ウンセラーの方がこんな問題を出していました。

好きな人と会話。どちらのほうが気持ちをつかむ?

1今度、僕たちも遊びに行こうよ。

2 いつか、僕と君とで遊びに行こう。

僕たち、私たち、このたちという感覚、つまり一緒という感覚です。

これが実はとても重要なんです。

この感覚が、女をして惚れさせてしまう、そんなふうにすら、

わたしには思えてしまいます。

デキルのにモテない斎藤くんと、 素で女のハートをゲットしてしまった、

山田くんの差はここにあります。

斎藤くんの場合は、間違っても弱音を吐くようなことはしません。

「仕事大変だねえ?」ー「どうかなあ」

「今、どんなことやってるの?」「うーん、説明するの難しいなあ」

なんか黙秘権を行使されているような気になります。

弱音を見せないとか、自分を明かさないこと、男らしいと言えば男らしいのですが、

それが見えないと、女性は不安なものです。つまり相手と共感できるという感覚、

たち、といった感覚がつかめないんです。

なんで自分がそこにいるのかっていう存在価値がない、

女にとってこれほど哀しいものはありません。

仕事でも同じです。この上司の下についたからフォローしよう、

するべきだと思っているのに、やろうと思うことを全部されてしまう……。

「いったい私は何のためにここにいるんだろう?」

男の人でもそうでしょうけど、女はそれ以上に「楽でいいや」なんて割り切れません。

寂しくて仕方がなくなってしまいます。

今でこそ、わたしたちのようなキャリァ女性も増えましたが、

もともと女性は仲間をつくることによって生存していく動物でした。

原始時代なんて、狩猟する男性がいなければ、

食べ物も得られなかったわけですよね。だから、

孤立することには本能的な怖さを持っているものなんです。

お化粧をする、洋服をいっぱい買う、高いハイヒールの靴を買う……

男性は不思議に思うかもしれませんが、

女はそれだけ「自分を見る目」を意識しています。

逆に言えば、その男性との距離を遠く感じてしまうと、

その男性に対して不安な気持ちになります。

つまり、共感できない、 近くに感じられない、そう思わせている限り、

いくらデキる男であっても、女性は近づいていけないものなんです。

スポンサーリンク



「実力」より「成長力」に敏感な女心

e22

「じゃもう、オレ仕事なんかしない・・思いっきりデキない男になって、

モテる男になることに集中しよう」

なんて考えるのは、あさはかというものです。山田くんはたしかに好きな女性をゲットしました、

でも、ここには相手の女性と共感部分がフィットした、ラッキー"という部分も左右しています。

というのも、まず共感できる山田くんありきーだったから、

その女性は山田くんと距離を近ずけていったのです。

最初から仕事がデキなくて、評判の悪い山田くんありきだったら、そうはいきませんよね。

実際に山田くんタイプというのはモテる男ではあるんです、

なぜなら社内恋愛というのは最近では少なくなっているパターン。

たいていは仕事場と恋愛場は世のカップルにとって別になっていますね。

つまり女性が男性の仕事っぷりを見る、なんてケースは極まれなわけです。

デキルできないは非公開で進んでいく、哀しいかなこれがほんとうのとこなわけです。

つまり昨日より今日、先週あった時より、また一回り成長している、

実はそんな男が何より女性には魅力的なものなんです。

女性に、私の力でなんとか、と思わせることがコツ。

e33

成長力といっても勝手に成長していくのでは、女の居場所がなくなってしまいます。

つまり、ここで重要なのは、スキマがあるということです。

前述した斎藤くんなどは、ただただ成長へ向けて一気に突っ走るようなタイブでした 。

言い換えれば、『巨人の星の「星飛雄馬型」になります、服の下には、

大リーガー養成ギブスなるものを人知れず着こんでいる。

「わー、頑張ってるんだねーわたしがギブスに油さしてあげようか」

なんて女性はいませんよね、近寄りがたいのが普通です。

("木の陰から涙を流して見守っている女性も、基本的におりません、

事実、このお姉さんだって、「星くん、僕は頑張るよー」と自己主張しまくってた金持ち男に、

心を動かされてしまいました。

一方、「あしたのジョー」の「矢吹丈型」の男性なら女性にモテます。

こちらは天才ボクサーですが、ほっとくと自己崩壊しそうです。

傷つきやすく寂しがりで、ひねくれて少年院にまで行くほどです。

ただ、そのスキマを埋めてあげたいと思えるような感覚、

そこに女性は、自分の居場所を、見つけられるものなんです。

たとえは、このマンガには、お嬢さんJ, と呼ばれる女性が出てきます。

この女性などはジョーのスキマを埋めてあげるために、財閥の力を利用して、

次々と世界の強いボクサーをつれてきちゃったりするわけです。

何とも屈折した恋愛もあったものですが、とにかくこれが女というものなんですね。

もうー例を出せば、『シャイン』といつオーストラリアの作品があります。

デヴィッド・ヘルフ。コツドという実在のピアニストの物語で、

アカデミー主演男優賞などももらっている名画ですよ。

この映画には、とても、かわいい"男性が出てくるんです。天才的なピアニストなのですが、

父親に虐待されたことが原因で痴呆性の精神障害を抱えています。

だからまともに会話もできないし、次々と物忘れもしてしまいます。

その代わりあらゆることにひたむきに真摯に向き合おうとする、ピアノの音を聞けば、

ひょっこりと酒場にあらわれ勝手にリクエストに応えて演奏を始めます。

子供と遊ぶときはそれこそ裸で転げまわっています、

ピアノを弾けばそこらじゅうの人を感動させることができる、可能性は無限大、

でも社会性はゼロ。

ならば私の力で、こんな気持ちが女性心理を突くんです。事実、僕と結婚しましょう、

この一言でこの男は婚約までしていた売れっ子の女性占い師を、

一発で落としてしまったのです。

まさか映画だから、と男性は思うのでしょうが、でも、聞いてご覧なさい。

女性ならこの気持ちはよくわかるはずです。

スポンサーリンク



明るく頑張れる人、冷静に頑張る人の差。

e44

誤解されては困るのですが、成長力の要素の中で、

努力できるというのは非常に重要なポイントです。

女性は基本的に、男性が努力している様子には弱いところがあります。

ただ、問題は「スキマ」との折り合い。

黙々と死に物狂いで努力している人には、近づきがたくなってしまいます。

自分の居場所がない“症候群になってしまうわけですね。

そこで、モテる男として浮上してくるのは、明るく努力できるような人、

笑顔で困難を乗り越えていけるような男なんですね。

例としてあげるなら、

何と言ってもニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜くんでしょう。

この人、ういた噂もないし、お世辞にもルックスがいいとは言えないものですから、

そう感じないかもしれませんが、実は女の子の間ではモテモテなんです。

イチロー選手とも比べものになりませんし、新庄選手は……まあ論外ですね。

松井選手の場合、ひたすら努力していることはわかっていますけど、

なんせそれを感じさせません。いつもニコニコして爽やかですし、

真撃な姿勢が言葉からいつも伝わってきてたとえば松井選手の言葉から抜き出してみると、

大リーグに渡ったときの言葉はこんな感じでした。

僕はこれまでとあまり変わらないけど、あとから振り返れば、

きっと何か変わっていると思う、実は僕自身もその変化をすごく、

楽しみにしているんです。

もうこれほど、成長力を感じさせる言葉はありますか?


スポンサーリンク