結婚適齢期の本気の出会いならマーケティング婚

30代、40代、50代、

婚活で成果が出ている方は、マーケティングがしっかりできていると言えます。

 

それは「自分」という商品を理解し、それを売り込む「相手」の分析や絞り込み、

 

対策ができており、r結婚」という目標に確実に近づいているのです。

 

無駄のない動きが、この時間が限られているといえる婚活では重要になり、

 

自らよりよいパートナーを確実に引き寄せていると言えます。

スポンサーリンク



 

反対に成果が出にくい方は、

 

自分を磨くことを意識せず、 相手への希望や願望 が漠然としがちです。

 

実際どのように自分を売っていけばよいかや、

どうすれば 相手が買ってくれるのか、ニーズはどうなのかを理解していないため、

 

目標へ近づかないのではと思います。 マーケテイングを婚活に意図的に取り入れているか、

 

無意識かは人それぞれですが、限られた出会いと時間では、マーケティングの手法が有効です。

例えば女性の場合、「美しさ」「可愛らしさ」「やさしさ」「明るさ」など、

 

自分 のキャラクターをどのように磨き、誰に売っていくかの対策を立ててはいかがでしょうか。

 

男性も同じです。ニーズは実際市場調査をしなければなりません。

 

これは日頃から異性とたくさん接することです。

 

どこに自分に合った相手がいるかを考えて動くことにより、

 

早く意中のパートナーと出会える確率も上がるのです。

 

一度じっくり対策や計画を立てることをお勧めします。

 

目標(結婚)に向けて の意識や行動がともなわないと結果が出にくいのは、

 

ビジネスでも出会いでも一緒のことではないでしょうか。

いまどきの結婚適齢期と出会い戦略

30代、40代、50代

よく、いまの結婚適齢期はいくつくらいですか?

 

などの質問をもらいます。親の時代は、30 歳前後までに、

 

9割程度が結婚しました。いまはどんどん晩婚化し、

 

30代前半で約 半分の男性が未婚、女性も3割以上が未婚の現状です。

男女ともに四大卒が増え、社会に出る年齢が高くなり、

 

個人の自由なライフスタイルが当たり前の世の中では、

 

結婚を考える年齢が昔より遅くなってしまうのは仕方がないかもしれま せん。

 

結婚活動の現場では、男性は35歳前後、女性は30歳前後が、

 

一番結婚に近いのではないかと感じます。20代の男性は、

 

経済的にも自分を優先しがちなこともあって、

 

まだまだ結婚を考えることができないケースが多いと思います。

 

彼女がいても、できちゃった婚以外は結婚を先延ばしにする傾向です。

スポンサーリンク



 

30代半ば頃になって、出会いの減少や親のこと将来のことなどを考え、

 

結婚を意識しだすのではないでしょうか。

 

一方、女性は男性とは出産という点で状況が違ってきます。

 

よって女性は30歳前後で動きだす方が多いのです。

 

本当は男性も子供についてもっと考えるべきだと思いますが、

 

女性より意識するのは遅くなるようです。

 

皆が年齢で結婚を決意するわけではなく、

 

結婚したいときが結婚適齢期かもしれませんが、

 

結婚と年齢は皆さんが考えている以上に関連してくるのです。

 

年齢を重ねればご自身が思っているほどには成果が出なくなるため、

 

出会いで成功する 確率を上げる必要になってきます。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


恋愛・結婚 ブログランキングへ

スポンサーリンク