会話は相手の価値観に合わせましょう!

 

恋愛コミュニケーション、出会い、会話、

 

コュニケーションがあまり得意でない人が
勘違いしがちなのが、


「話し上手=自己アピールがうまい」
という考え方ではないでしょうか。


なんとかうまく話をしよう、会話を盛り上げよう、
あるいは、自分の魅力を伝えようとして、


一方的に自分の話ばかりしてしまう人がいます。

 

スポンサーリンク




けれど、これは間違いです。相手のことを考えず、
自分の話ばかりしてしまうと、


相手はちゃんときいているように見えても、
実はうんざりしていたりするのです。


「自分勝手な人」「空気が読めない人」
という印象を与えてしまい、
引かれてしまうかもしれません。


人は、自分に興味を持ってくれる人に興味を持つもの。


つまり、自分の話を一方的にする人でなく、
「私」の話を聞いてくれる人に好感を持つのです。


話べタな人は、
無理に自分の話をしようとしなくて大丈夫です。


会話の際に、「相手に興味を示している」
ということが伝わればいいのです。たとえば、


相手が自分の仕事について話をしたら、
「へえ、 それはどんな仕事なの?」


とか「どういうことをするの?」など、
相手に誠実な関心を持ち、積極的に質問してみましょう。


また、このときに大事なのが、
笑顔やあいづちなどの「リアクション」です。


会話の最中、人はまだよく知らない相手のことを、
会話を通して探っています。恋愛の場面なら


「この人は自分と合うだろうか」と、
話をしながら相手を見積もり、それと同時に、


「自分は相手に受け入れてもらえるだろうか」
ということも考えているはずです。


受け入れてもらっていることがわかれば、
嬉しいと感じ、その相手に対しても好感を持つものです。


そして、受け入れていることを伝えるのは、
会話の内容だけではありません。表情や声色、
しぐさなども重要な要素になります。


たとえば、大きくあいづちを打ちながら話を聞く態度が
「受け入れている」ことを表現したりするのです。


ですから、会話の最中は、
ただ黙って相手の話を聞くのでなく、


「へえ」や「なるほど」「そうかあ」
などのあいづちを織り交ぜながら、


真剣に聞きましょう。ただし、このとき、
表面的ではなく、心の 底から言う必要があります。


心にもないのにこのようなリアクションをすれば、
ばれてしまう可能性が大きいからです。


そして、楽しい話のときは笑顔になり、
悲しい話のときは悲しい表情をして、
共感を表しましょう。


恋愛の場面で、あまり親しくない異性と会話をするとき、
「何をしゃべればいいのだろうか」と考えるのではなく、


名インタビュアーになったつもりで、
相手の話を引き出していきましょう。


とはいえ、まだそれほど親しくない間柄なのに、
話をし始めてすぐに、


核心を突くようなことや
プライベートに関する質問をするのは、
あまりよくありません。

 

スポンサーリンク




最初は当たり障りのない世間話から始めて、
だんだんと相手の内側に入っていくのがよいでしょう。


当たり障りのない世間話とは、その日の天気の話だったり、
ニュースで話題になっていること、


先週食べに行ったレストランのことなど、
「誰と話をしてもよいこと」です。


「何を話したらいいかわからない」という人は、
新聞やネット、テレビなどから、


最近話題になっていることや、
ちょっと面白いネタなどを、
あらかじめ仕入れておくといいかもしれません。


会話は、最初から盛り上がらなくても大丈夫。


もし、2時間か3時間くらいのデートで話をすると したら、
最初の40分から1時間くらいは、


「話が弾んでいないな」と思っても、
心配しないでください。


何かの話をきっかけに盛り上がればいいのです。


最初から会話を盛り上げようとか、
楽しい時間をすごさせようなどと考えてしまうと、
かえって緊張してうまくいきません。


会話は、川の流れのようなものだと考えてください。


相手の話を遮断したり、強引に違う話題を持ってきたりせず、
上手にあいづちを打ちながら、
会話を流れに乗せていくのです。


まずは簡単で当たり障りのない質問から入って、
相手に話をさせ、相手が話したことに興味を示し、


またそれについて質 問をする、ということを繰り返し、
スムーズに会話をしていきましょう。


もうーつ、会話で大事なのは
「相手の土俵で話をする」ということです。


人はそれぞれ、異なる価値観を持っています。


何かーつの話題についても、まったく違う感想を持ったり、
別の視点から見ています。会話をするとき、


自分の価値観で話を進めるのではなく、
相手の価値観を引きだし、


相手の視点に立ってするのが
「相手の土俵で話をする」ということです。


たとえば、会話の最中に、
時事ネタである政治家の話題が出たとします。


男性は、「成功するには 部下の扱い方が重要だ」
という価値観からこの話題をとらえ、


女性は「みんなが幸せになれる国家を」
という価値観からこの話題をとらえたとします。


このとき、お互いがお互いの価値観で
話題を展開しようとすると、
かみ合わないことになります。


男性は、その政治家から組織のあり方の話を、
女性は 世界平和についての話をしようとしたら、
うまくいかないのは当然ですよね。


このとき、自分の価値観は置いておいて、
相手の価値観で話を展開することが


「相手の土俵で話をする」ということです。


相手に話のリードを任せ、こちらは受け手になるのです。


ゲストに話を振り会話を引き出すホスト司会者のような感じ」
と言ったらいいでしょうか。


「なるほど」「確かにね
「わかる、わかる」などのあいづちを打つことで、
相手の話を引きだし、会話を続けていくのです。


これもやはり、心の底からそう思って聞くことが重要です。
ちょっと信じられないことも、
とりあえず乗っかってみてください。


このような会話をすることで、
相手はあなたと話していると楽しいと思い、
またあなたに心を許してくれるようになるのです。


最終的には、会話を通して、
相手の(コァ=核に触れることができれば、
よりいっそう、相手との関係性は深まります。


コアとは人の心の中心にあるもののこと。


具体的には、先ほどお話しした「その人が持つ価値観」と、
もうーつ「今現在その人の頭を占めているもの」です。


「今現在、頭を占めているもの」とは、
その人がそのときに最も興味を持っているものです。


たとえば、婚活中の女性なら
「結婚」に関することかもしれません。


起業したばかりの男性なら
「仕事での 成功」や「組織の作り方」かもしれません。


会話を通して、この、「頭を占めているもの」に辿りつき、
その話題をすることで、会話は盛り上がり、
また相手を惹きつけることができるのです。


表面的な会話から入って、最終的にコアに辿りつき、
それを共有することができると、


関係性がワンランクアップすることでしょう
どうぞ楽しい会話をお楽しみください。

 

スポンサーリンク