昔から人間と犬は身近な生活のパートーでした!

またはどう接すれば不快に感じるか熟知しています。

犬も同様でこれがあるから昔から良いパートな関係を築いてこれたんですね。パートナーとして犬が喜ぶことは、

あなたの喜びでもありますよね。

この喜びから自分の内面を見ることができてしまいます。

スポンサーリンク



質問:あなたは犬を飼うことになりました、初対面でなかなかなついてくれません。

どうすれば心を許してくれるか、あなたならどのようなお世話をしますか?

 

1:食べてくれそうなエサを選んできて食べさせる。

2:頭をなでたり体をなでたりしてなでまくる。

3:一緒にボールやフリスビーなどで遊ぶ。

4:外に出て散歩に連れて行く。

回答:1と答えた方(他の人にはない無邪気さがうり:精神年齢10代)

あなたの魅力は他の人にはない無邪気さです。ものなどをもらうことに喜びを感じるあなたは、

まだ、自分の内面を認めてほしいと言う段階にまで至っていません。

回答:2と答えた方(感情が不安定:精神年齢20~30代)

あなたは大人と思っていてもまだ若者らしさ子供ぽっいところろがあります。

なでる、ふれるなどの行為は、原始的な行動で一時的な感情が出てきて、

その場その場の行動で本能的な判断をすることが多々あります。

スポンサーリンク



回答:3と答えた方(頼もしさがある:精神年齢:40~50代)

感情が安定しているあなたは、自分を受け入れることもできますし、

相手を受け入れることもできます。

ボールを使い同じ目線で接する余裕と自身に満ちあふれている

あなたは気持ちの浮き沈みもなく信頼されるでしょう。

 

回答:4と答えた方(成熟した人:精神年齢:60代以上)

あなたは成熟した大人です。相手に任せながら、自分の判断で行動できるようにしています。

散歩を選んだあなたは、相手の行動を尊重し理解し合いながら人をリードできる信頼のおける

成熟した人です。

 

犬の喜ぶことはあなたが喜ぶことでもあります。その喜ぶことから精神年齢がわかってしまいます。

人は、人からどう思われてるんだろーとかよく思われたいなど外からのコミュ二ケーションに

振り回され内面を見つめることがおろそかになりがちですよね。

人とのコミュニケーションの前に自分とのコミュニケーションをすることで、自分の存在が

ハッキリして外部とのコミュニケーションが活性化して振り回されると言うことはなくなってきます。

自分が輝くためには内面を見つめどんな自分も認め受け入れることが大切なんですね。

スポンサーリンク