イノベーション(革新)には友達のネットワークが必要

 

友達、仕事、イノベーション、ネットワーク、

友達のネットワークにイノベーションの種がある

ある研究で人間の脳の容量から友達はどのくらいできるか、
予想できるそうです。それは深い浅い含めて、
理論的に150人くらいと言われています。


皆さん友達150人いますか?
実はイノベーションというのは友達のネットワークから、
生まれることが多いそうです。

 

スポンサーリンク




どうしてもイノベーションというと独創性などを、
求めますから、一人じゃなきゃできないんじゃないかなと、
思いがちですが、


シリコンバレーとかはまさに、
友達のネットワークですもんね。


ネットワークを通して色々な情報が行きかう、
ここにイノベーションの種があるようです。

友達の友達のネットワークから弱い絆を築く

友達のネットワークはとても大切になります。
そしてこのネットワークを、
キープすることも大切になってきます。


それからネットワークの中で特に重要なのが、弱い絆なんです。
あなたのコミュニティーはとても強い絆だとします。


お互いに知り合いが多くて、
強いつながりで、情報も共有されています。


しかしその中であるAという外部の情報を、
一人だけが知っているとします。これが弱い絆です。

 

スポンサーリンク




イノベーションというのは平均的にコミュニティーを超えて、
情報やノウハウが共有された時に起こります。


当然強いコミュニティーでは、
いつも情報が共有されていますから、
その中であまり新しいことがないわけです。


でもその中の一人しか知らない些細な外部の情報でも、
重要なことかもしれません。


全般的に絆を築くことは大事なのですが特に、
今自分がいるコミュニティーと違うコミュニティーとの、
弱い絆を築くことが最も重要になります。

友達の友達のネットワークから新しい仕事が生まれる

仕事がどうゆうところから来るかと言いますと、
意外と自分が普段付き合っている、
強い絆のコミュニティーよりも、


ちょっと知り合いの知り合い位のところから、
仕事が来ることが多いと思います。


自分と普段付き合っている人達というのはだいたい、
経済状況等わかるじゃないですか、ですから、


自分が調子悪くなってくれば、みんなも調子悪いんだろうなと、
想像つきますよね、しかし隣の隣くらいの人って、
全然違う経済が動いてるんです。


そうゆう人から意外と新しい仕事が生まれたりします。
ですからこの弱い絆のメンテナンスを、
常に行う事がとても大切になってきます。

 

スポンサーリンク