デートでは美と居心地のよさを演出

 

初デート、好感度、アップ、恋愛、婚活、結婚、

 

好感度を上げるデート術について
もしあなたの外見が美しいなら、


男性が女性に対して好感を持つ、
一番大きなポイントは外見です。


何も気を遣わなくても男性の恋愛感情は高まるでしょう。

 

スポンサーリンク




女性は、 振る舞いを気にする前に
まず見た目を考えるべきです。


可憐さを感じさせる女性らしい服装や、
明るいメイクなど、好感度の高い外見に


整えましょう。ボーイッシュなスタイルが好きな人も、
初めてのデートでは女性らしさを意識した
格好をすることをおすすめします。


まずは見た目から入って
あなた自身に好感を持ってもらうのです。


初めから引かれてしまうと、
もう次がありません。


こうやって外見の好感度を上げたうえで
気をつけてほしいのが、
「居心地のよさ」です。


男性が女性に対して好感を持つポイントは
「外見」と「居心地のよさ」の二つです。


デートでは、 この二つを
上手に男性にアピールすることができればよいのです。


男性は常に自分の能力を評価され、
受け入れられたいと思っています。


自分を無条件で受け入れ、
褒めてくれる女性と出会うと


「この人といると居心地がいい」
と思うようになるのです。


それをデートのなかでアピールするもっとも簡単な方法は、
彼とのデートがいかに楽しいかということを表に出すことです。


初めて行く場所に連れて行ってもらったら、
その感激を素直に口にする。


おいしいものを食べさせてもらったら、
「これおいしいね一」と伝える。


「あなたが組み立てたデートは、
私をこんなに楽しませている」


と全身でアピールすることが、
彼の能力を評価していることになるのです。

 

スポンサーリンク




そのときに気をつけたいのが、
「私はもっと面白いものを知っている」


「もつとおいしいものを知っている」
ということを無意識のうちに言ってしまわないこと。


たとえば彼が夜景の椅麗なスポットに
連れて行ってくれたとしましょう。
「とっても椅麗だね。


でもニューョークで見た夜景みたい」など
と言ってしまってはいけません。


食事をしているときに「このワインおいしいね、
でも○○のほうがこの料理と合うよね」
などと言うのもNG。


こういうふうに言われると、
否定されたと感じてしまいます。


また、彼の話に耳を傾け、
ダメ出しをしないことも大切です。


男性は自分を受け入れてくれる人を求めています。


たとえ彼の行動や考え方に気に入らないことがあっても、
それを初期のデートで相手に伝える必要はありません。


心のなかに留めておいて、
どうしても我慢できないと思ったら、
何も告げずに会うのをやめればいいのです。


またデート中、何かトラブルが起こってしまったときにも、
ダメ出しは厳禁です。


たとえばデート中に道に迷ってしまったとき。
「なんで迷うのと責めてはいけないのはもちろん、
「こっちの道じやない?とか


「誰かに聞いてこようか」
などと言うのもダメ出しにあたります。


「失敗なんて思ってない、
二人でこうしていられるだけで楽しいよ」。


そというアピールをしながら彼に任せることで、
彼のプライドは保たれ


「彼女といるとなんて居心地がいいんだろう」と、
あなたに惹かれていくのです。


「外見」と「居心地のよさ」、
この二つを上手にアピールして、


あなたの好感度をアップさせましょう。


そしてあまり小さな事を気にせず、広い心で
お付き合いしていくと本当の相手が見えてきますので、
どうぞ心ある人との楽しいお付き合いをお楽しみください。

 

スポンサーリンク