まずはデートに誘うことから

 

恋愛、コミュニケーション、デート、誘う、

 

恋愛のコミュニケーションでは、
誘うことがとても大事になります。


デートもどちらかが誘わなければなりません。


すべては誘ってから始まるのです。

 

スポンサーリンク




いつもフリーの方は、断られるのを恐れて
「誘う」ことができていないケースが多いです。


タイミングや相手との関係もありますが、
まずは誘っ てみることから始めましよう。


誘わないということはコミュニケーションにおいて、
相手に興味がないと言っているようなものであり、
相手に失礼なのです。


普通、男性から女性を誘うべきですが、
別に女性から誘っても問題ありません。


女性から誘うなんて、
と思われるかもしれませんが、


いきなり告白するわけではありません。


ただ、また会いたいという気持ちを
素直に実行するだけなのです。


ここで出会いを自らつかめる方か、
流れにまかせるだけでつかめない方かの違いが


でるのかもしれません。 誘うことで大事なことは、
相手がその誘いを受けやすいか受けにくいかです。


ここも相手中心の考えとなります。


誘う内容と誘うタイミング、
そして相手と一緒に行きたいという
あなたの気持ちが伝わるかどうかです。


誘う内容は、単純に相手が興味のある内容か
ということを考えましょう。


興味の度合いで人の心は動きます。

 

スポンサーリンク




相手が何に興味があるかは、
会話の中にヒントがあります。


それを引き出すことを意識しましょう。


誘うタイミングは、
相手の興味がわかればできるだけ
間をおかずに早く誘うことです。


新しくできたお店や上映中の映画でも、
あなたが早く誘わないと、
興味ある人は自分で行ってしまいます。


よく失敗するケースは、
誘っているのですが、
気持ちが相手に伝わらないことです。


どんな感じで誘うのかと言いますと、
こちらが「本当に私と一緒に行きたいの?」


と思ってしまう雰囲気なのです。アイコンタクトはなく、
表情もちょっと暗い、声も元気がない。


結局は、第一印象的なところで失敗しています。


一緒に行きたいという気持ちが伝わらないと、
相手は別にあなたと行く必要はないのです。


誘う内容もタイミングも、
そしてあなた自身も、


相手が誘いを受けやすい状態を
作ることを意識して実行してください。

 

スポンサーリンク