お金で幸せは買えましたか

 

幸せ、大切、お金

 

今は何でもお金で買える時代だとだれもが思っています。


電話で迫ってくる詐欺事件などは、
弱みに対してお金で解決してあげると
持ちかけているものがほとんどです。


それが信じられるという前提で成り立つ事件です。


それでよいのでしょうか。 何もかもお金で解決して、
そのお金のために
何かを失っているかもしれないと思いませんか。

 

昔、日本人は欧米人と比べたら貧乏でした。


今も貧乏ですが、経済大国ということになっています。

 

スポンサーリンク




お金に頼っていると、お金を得るために
何でもしてしまいます。金権的考えです。


そしてお金がないと何もできなくなります。
貧乏だった昔、優しい人が多かった日本人。
お金持ちになって、
お金が欲しくって恐ろい人が多くなった日本人。


日本人は優しい人でありたいと思いませんか。


貧しくても幸せ顔の日本人がいいでしょう。


必死になってお金を欲しがる過程で、
今までもっていた感性が削り落とされていきます。


急にお金持ちになると、
お金の桁数に合わせて感性が消えていきます。


日本人の特殊な誇るべき感性が消えるのです。


そうなのです。お金で買えないものは感性です。


そして気品です。日本人の優しさです。


お金で幸せは買えましたか、
その幸せはお金に見合って長もちしましたか。


幸せはお金とは別の世界にあるものなのです。


お金で買えた幸せは薄い儚いものでしよう。


お金と別のところにある幸せは、
もっと強くて厚みがあるもの。


美しい輝きのはずです。

 

スポンサーリンク