よい人柄は人からの感染

 

人生、楽しい、元気、人柄、良い

 

類は友を呼ぶといいますが、
同じ感性の友とは楽なお付きあいができます。


たとえ仕事や趣味が違っても、
向上心や好奇心の旺盛な人からは
たくさんの刺激をもらえます。

 

スポンサーリンク




刺激を受けたり元気をもらえたりで
満足するのではなく、


こちらからも相手に刺激を与えることで、
互いに向上することができます。


友の人柄がよいとそれに甘えがちになりますが、
自分の人柄もよくしたいものです。


よい人柄を吸収することで、
自らもよい人柄に成長することができるはずです。


そのためには、よい人柄だという印象が
その人のどこからくるものなのか、


どんな行為にふれてよい人柄と感じるのか観察し、
ときにはその人をまねてみるのもいいでしよう。


友としてお付きあいするなかで伝わる気持ちよさを
ただ受け止めるだけでも、長い月日には感染します。


自分だけよければいいと
考えている人を友としていると、
とかく振り回されます。


一方、自分だけよければいいと考えていると、
よい友を見失うかもしれません。


別に自分の人柄をよくしたいと思わない場合でも、
人柄のよい友をもつことは大切です。


よい友を周りに集めると、
おのずと自分だけよければいいという気持ちは消えます。


よいことが起き、
楽しい人生になる可能性が高くなります。


自分の都合だけで生きていくのは限界があります。


よい友とともに生きていけば、
夢のひろがりは無限です。


自分の人柄をよくするには、
素直な気持ちで人柄のよい友から感染しましょう。

 

スポンサーリンク