毎日自分と相性の良い開運方位に行き運気アップ

 

開運方位、開運相性

 

日本古来から人間の運勢は、動く(移動する)ことによって

 

良くも悪くもなると言われてきました。


良い方位を使えば良い事が起き、悪い方位を使えば悪い事が起きる。


開運方位の根本原理はただこれだけのことで、まことに単純明快なものです。


病人には健康を、貧者には金運を、独身者には良縁を与えてくれるのが、


開運方位の大きな特長です。


開運方位の効用は自分だけでなく、


子々孫々にまで幸せをもたらしてくれるものです。


開運方位の役割は、災難を防ぐだけではなく


自分から運勢を上昇させることにあります

 

スポンサーリンク



開運方位で使うあなたの気、本命星は生まれた年でわかる

本命星早見表、開運方位、

※節分より手前(1/1~2/4くらいまで)に生まれた方は前年の星が本命星となります。

明日の開運方位はこちら!

開運方位は自分で出来る開運法

 

引っ越し、開運方位、

 

みなさんが「方位」「方角」という言葉を耳にするのは、


移転や増改築、家相など、家にかかわる話が多いでしょう。

 

実際に、方位や時期を気にせず増築をして家の人が病気になったという例は

 

たくさんあり、こうした方位による災難(方災)


については一般にもよく知られているようです。 そのため、


移転や増改築後に良くない事が続くと「悪い方位や時期を使ったのではないか?


と気にされる方が多くいらっしゃいます。


「では、どうしたら方災を食い止めることができますか?」という話になります。


悪い方位に移転や増改築をしたために悪い事が起きるという話は知っていても、


良い方位を使えば運勢が良くなるという点については、


ほとんどの方がご存じないのです。 そこで、「ただ方災を食い止めるだけでは、


開運方位を十分に活用したことになりません。

 

本当の開運方位の役割は、災難を防ぐだけでなく、運勢を上昇させることにあります。


せっかく運命を変える力を持つ唯一の開運法である開運方位に出会ったのですから、


これを開運につなげなくてはいけません。

開運方位の重要性

 

結婚、開運方位、

 

万物は生まれると同時に滅(死)に向かうもので、


人間もまた例外ではありません。そのため、普通に行動していると、


だれでも人生の障害やトラブルなど滅に向かう方角(凶方位)


に知らぬ 間に引き寄せられてしまいます。

 

もし開運方位を無視して移転、増改築、結婚、旅行などをすれば、

 

9割以上の確率で悪い方角を選ぶこととなり、


運気を下げたり嫌な目に遭ったりするでしょう。


それが自然の摂理なのです。


開運方位は、滅に向かおうとする人生にブレーキをかけ、


不幸を未然に防ぎ、より早く的確に幸運を


つかみ取る方法を教示していると言えます


易経に(吉凶は動より生ず)という金言があります


人間の運勢は、動く(移転する)ことによって良くも悪くもなる


という意味で、たとえ失意のドン底にあえぐ人でも、


吉方位へ移転することによって素晴らしい人生をつかめると教えているのです。

 

スポンサーリンク



 


一生を幸福に過ごしたいという願いは、だれもが求めてやまないものです。


その願いの内容はさまざまでしょうが、吉方位を正しく用いることで、


病人には健康を、貧者には金運を、独身者には良縁を与えてくれるのが、


開運方位の大きな特長です。

開運方位の活用

 

デート、開運方位、

 

方位には自分の住居から見て、東・西・南・ 北・東南、南西・西北・北東の八方位があり、


このいずれかに動くことによって運勢が良くなったり悪くなったりするわけです。


方位は目に見えるものではありませんから、その存在を証明することは困難です。


しかし、良い方角(吉方位)へ行けば良い事が起こり、悪い方 角(凶方位)


へ行けば悪い現象が起こるということは、


幾多のデータから見て間違いのない事実なのだと知ってください。


日頃、方位を気にして生活している人は多くありません。移転や旅行はもちろん、


たとえば商談、 買い物、デートや医者に行く場合など、


たいてい は自分の思うままの方位に、そのときの都合に合わせて出かけるのが普通です。


方位の作用がいちばん顕著に現れるのは移転や 増改築のときですが、


その他の旅行、商談、買い物、デート、受診、結婚など、


すべての事に方位は影響を及ぽしています。


行き先が吉方位なら何事も順調に進み、プラス の恩恵を受けるでしょう。


もし凶方位ならば、さまざまな障害がもたらされていることに気づいてください。


たとえば買い物をするとき、良い方角の店に行けば気に入った品物を手にできますが、


悪い方角で買い物をすれば不良品や傷んだ品、あるいは不要なものを買い込むハメになるでしょう。


商談がスムーズにまとまるか否か、旅行やデートが楽しいものになるか否かも、


もちろん方位の吉凶に影響されます。 また医者にかかる場合なら、


良い方角であれば 良い医師と良い治療法にめぐまれ順調に回復しますが、


悪い方角の医者だと誤診されたり医療ミスの被害を受けるなど、


取り返しのつかない事態を招くこともあります。 このように、


わたしたちは知らぬ間に方位の影響を受けながら、日常生活を送っています。


良い影響を受けて幸運な日々を送るのと、


悪い影響を受けて困難と戦いながら暮らすのとでは、


毎日のことですから、その差は非常に大きなものとなります。


つねに良い方角を選んで行動してこそ、


やがて思いどおりの人生を歩むことができるのです。

悪いものに対して拒絶反応するラッキー体質ができあがる

ラッキー、開運方位、

 

良い方位を使えば良い事が起き、悪い方位を使えば悪い事が起きる。


開運方位の根本原理はただこれだけのことで、まことに単純明快なものです。


実践しやすい開運法とも言えるでしょう。しかし、 この実践を続けていくと、


不思議な現象が現れてきます。 たとえば、いつも乗る列車が事故に遭うとします。


本来なら列車に乗って事故に巻き込まれるはずですが、


ふだんから開運方位を用いた生活をしていると、


どういうわけかその列車を避けたい気持ちが起きたり、


乗れない事情ができたりします。つまり自然に悪いものを拒絶したくなる体質、


ラッキーな体質が身についていくのです。


同様に、なぜか食べたくないと感じる食べ物が 食中毒の原因になったり、


どうしても好きになれない人が詐欺を働いていたりと、


自分に近づいてくる災難を無意識のうちに排除してしまうこともあります。


基本的には単純でありながら、


こうした底知れず奥深い一面を備えているのが開運方位で、


この境地に達してこそ、本当に「開運方位を活用している」と言えるのです。


例えば女性が開運方位を活用して、吉方位を選んで お嫁に行くとします。


その人がとても幸福になるのはもちろんですが、そこで生まれる子どもは、


生まれながらに大きな幸運を手に入れているのです。


悪いものに対する拒絶体質を備え、元気で総明


しかも才能豊かな子どもが生まれてくるのです


その家が吉相であれば、まさに申し分ない強運を手にしていることになります。


このように、開運方位の効用は自分だけでなく、


子々孫々にまで幸せをもたらしてくれるものです。


どうぞ開運方位を積極的に活用してください。


あなたが幸福な人生を手に入れるのは、遠いことではありません。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


恋愛・結婚ランキング

スポンサーリンク