男の「罪悪感」と女の「被害者意識」

 

出会い、別れ、婚活

 

その「出会い」をどう評価するか。


これは、自分にふさわしい人にひ かれる
感受性を高めるために、欠かせない問題です。


一つの関係から、次の、
より理想に 近い関係へ確実に移っていく秘訣は、
別れ方に神経を使うことです。

 

スポンサーリンク




前の相手とどのように別れたのか。


このことが、次の関係の良し悪しを大きく左右します。


いい別れはいい出会いの始まりだからです。


相手を恨んだり、
罪の意識にとらわれたりして別れてしまうと、


自分に合った相手を探すために次の
行動に移るのがとても難しくなります。


別れの際、侮辱された、
あるいは期待を裏切られたと、
私たちはとかく怒りの感情を抱くものです。


たいていの場合、女性は自分があれほど
尽くしたのに報われなかったと思い、
恨みを持ってしまうのです。


一方、男性のほうは罪悪感にとらわれがちです。


彼らは二人の関係が失敗に終わったことを悔やみ、
女性の不満に責任を感じます。


男性の罪悪感、女性の被害者意識。


これが典型的なパターンですが、
逆の場合もあります


一般に、拒絶されたとか見捨てられたという
気持ちの強いほうが、恨みを抱きます。

 

スポンサーリンク




拒絶したほうは罪悪感を持ちます。


しかし、結果は同じで、
どちらも閉鎖的な気持ちで別れることになるのです。


心を閉ざしたままで自分に合った相手を見つけるのは、
至難のわざです。心が開かれていれば、
ふさわしい相手にひかれ、恋をすることもできます。


あるいはそこまでいかなくても、
一歩進んでより理想に近いパートナーが見つかります。


とにかくゴールに近づいているのは間違いありません。


ところが心を閉ざしていると、
また同じ過ちを繰り返すものなのです。


恨みや罪悪感を抱いたまま別れてしまうと、
心のしこりや未解決の問題を解きほぐす助けに
なってくれるような人にひかれます。


過ちを犯したり、後で悔やむようなことをした経験は、
誰しもあるものです。過去を振り返って、


「あんなこと、するんじゃなかった」
言はなければ良かったのに」


「あの態度はまずかった」と思うのはごく自然なことです。


そして、結論はこうです。


「もう一回、過去に戻ってやり直せるものなら」
過去に戻って悔い改めたいと思うのは、人間の惨。


でも、終わった関係を悔やんでいると、
今度は出会ったことを後悔するような
人物にひかれてしまいます。


このことを正しく理解しない限り、
悪いパターンから抜け出せません。


一方、過去のデートや特別な関係に対して
肯定的な感情を抱いていれば、
新たな行動に移る力が湧いてきます。


そして、次の機会にはもう悪いパターンに陥ることなく、
より理想に近い人に目が向くのです

 

スポンサーリンク