目標に期限を設け、それを公言する

 

目標、事が、運命、

 

私は、人によっては、「達成したい目標があるならば、
それに期限を設け、できれば周囲の人に公言しましょう
と言うことがあります。


なぜか?一言でいってしまえば、
「口に出した以上、もう後には引けない。


やるっきゃない」というある種の強い
動機づけが得られるからです。

 


自分自身を「背水の陣」に
追い込むといってもいいでしょう。


意気込みが強化され、
発奮せざるをえなくなるというわけです。


こういう精神状態になれば、
たいがいのことはうまくいくものです。


「もう、後には引けない。

 

スポンサーリンク




実現あるのみ」という強い思いが心の奥底に焼きつけられ、
潜在意識がさまざまな
誘導措置をとってくれるようになるからです。


興味深い話があります。今からおよそ五年前になりますが、
私のところに恋愛・結婚の件で


相談に見えられたN子さんという三十三歳OLの方に
潜在意識の話をしたところ、


彼女 はある年の新年会の席上で
「私は今年中に必ず結婚します」
と結婚宣言したというのです。


まわりの人からは
「無理に決まっているわよ。彼氏もいないくせに……」


という冷ややかな反応しか返ってきませんでしたが、
それから彼女に意外な展開が待ち受けていたのです。


そのころの私はとある勉強会を主宰していたのですが、
三月に入ると、どういうわけか、
その会にN子さんを呼びたいという衝動にかられたのです。


ちなみに、その勉強会は毎月
第三日曜日のタ方から行っていたのですが、


N子さんは日曜日に用事があるため、
どうしても会に参加できないでいたのです。


しかし、あきらめきれないのは私のほうでした。


今でもその理由がよくわからないのですが、
このときばかりは、是が非でも、
彼女にその勉強会に参加してもらいたかったのです。


そこで私は三月だけ第三日曜日ではなく、
二十一日の祝日にその勉強会を行うことを決め、


ようやく彼女に参加してもらったわけですが、
これが大吉と出ました。 なぜなら、勉強会終了後、


N子さんは二次会で
偶然隣り合わせに座った私の友人Tさんと意気投合し、
それが縁で二人は交際するようになったからです。

 

スポンサーリンク




それからおよそ二か月後の五月中旬、
Tさん宅を訪れた際、


「どう?N子さんとはうまくいってる?L と聞い
てみたところ、こういう答えが返ってきたではありませんか。


「実はボクたち秋に結婚することになったんです。


これには私もびっくり仰天してしまいました。


知り合ってまだ二か月しか経っていない というのに
婚約するなんて、夢にも思わなかったからです。


ちなみに、この話にはさらに驚くべき後日談があります。


二人は十月に都内のホテルで 挙式したわけですが、
双方の親友が披露宴の司会をしたところ、
何とその二人までが結婚したというのです。


さて、N子さんにとっての運命の人は
ほかならぬTさんだったわけですが、


より正確にいえば、
運命の人と呼べる人間がもう一人いました。


それは、はばかりながらこの私です。


彼女の「どうしても結婚したい」という想念が、
人間共通の潜在意識を伝わって、
私の心を私自身が気づかないところで揺り動かしたのです。


別の言い方をすれば、
彼女の波長と 私の波長が理性では


及びもつかないところで一致し、
彼女の人生の伴侶を紹介するという
役目を私が担ったというわけです。


このような衝動や欲求が
運命を変えることができるんですね。

 

スポンサーリンク