幸福はどんなところにに訪れる?

 

楽しみ、幸福、成功、友達、大人

 

温暖な春や夏にはすべてのものが生き生きと育ち、
寒冷な秋や冬にはすべてのものが枯れてしまいます。


人間もこれと同じく、
心の冷たい者は幸せに恵まれることが少ない。

 

スポンサーリンク




ただ和気あいあいとして心の温かい者だけが、
幸福に恵まれ、長くその恩恵を受けることができます。

やりすぎ、冷淡でもなく

苦労して仕事に励むことは結構なことですが、
苦労も度がすぎると余裕がなくなります。


自分の性を養い、情を喜ばせることができなくなります。
それでは「性情」を害し、喜びが失われ、苦役となってしまいます。


ものごとに執着せず、さっぱりしていることはたしかに高尚ですが、
あまり淡泊、無欲にすぎると冷淡になって、
世のため人のために役に立つことができなくなります。


なんであれ道は偏らないほうが良いようです。

単純に成功する人というのは?

大きな功績を立て、大事業をなしとげるのは、
たいていは素直で気がきく人です。


これに反して、事業を立ち上げては失敗し、
機会がありながらこれを取り逃がすのは、
必ず、執念深くて強情な人です。

下り坂を無くするには?

ものごとが下り坂となる兆候は、
早くも盛んで満ち足りている最盛期にあらわれます。


これに反して、新しいものの芽生えは、
逆境のどん底に生じます。


だから、順調で心配のないときには、
いっそう気を引き締めて、


のちに起こりうる 異変に前もって、
備えておかなければなりません。

 

スポンサーリンク




また、逆境の苦しいときには、
ひたすら耐え忍んで、不据不屈の精神で目的の達成
に努めなければなりません。

何を除けば自然と楽しみが現れる?

水は波さえ立たなければ自然と静まり、
鏡は曇りさえしなければ自然と輝いているものです。


心もまたこれと同じで、ことさら清くする必要などありません。
ただ、心を濁らす雑念をとりのぞけば、
自然と澄みわたってくるものです。


心の楽しみもまた、追い求めて得られるものではなく。
心を苦しめる執着さえとりのぞけば、
そこに自然と楽しみがあります。

本当は、苦しみの中に「楽しみ」がある

世間の人は、欲望を満足させることに、
楽しみを見いだしているから、


楽しみを得ようと欲する心に引きずられて、
かえって苦しみが多くなります。


しかし道に達した人は、欲望に打ち勝って、
世の人が満足するものと反対のことに、


楽しみを見いだしているから、
苦しみのおかげで真の楽しみを得ることができるんですね。

どうすれば幸福がやってくる?

幸福は、求めようとして求められるものではありません。
いつでも喜びの心をもって機嫌よく暮らすことが、
幸福を招き寄せる道です。


不幸は、避けようとして避けられるものではありません。
人を傷つけないように心がけて、心を平穏に保つことが、
不幸を遠ざける唯一の方法なんですね。

 

スポンサーリンク