観相学の頼りになる顔とは?

福耳、上司、顔、観相学、耳、
顔から性格は読み取れる?

 

顔から相手の性格を読めない人でも、顔からは

 

様々な情報を得ています

 

例えば、男か女か? 年齢は? 職業は?

 

今機嫌がいいのか? 健康か不健康か?

 

顔はIDカード以上の本人の証明です

 

本人を証明する、運転免許所やパスポートには

 

必ず顔写真があるでしょう

 

人間は、顔にある機能(目、耳、鼻、口、)

 

によって情報(目=視覚、耳=聴覚、鼻=臭覚、

 

口=味覚、)を得ています

 

と同時に自分の顔にある機能(目、耳、鼻、口、その他)

 

によって自分が何者(男か女か、誰か、何歳か、)

 

であるかという情報を発信しています

 

自分がどういう性格、性質の人間であるか

 

あるいは自分の現在の状況(喜怒哀楽、健康状態、年齢)

 

がどうであるかという情報を見る者に、もたらしてくれます

 

だいたいですが、誰でも顔から相手の性格や年齢、

 

誰であるか読み取っているのですから、もっと顔に

 

感心を持ち情報を読み取ることができれば顔から

 

性格が読み取れるようになるのです

 

しかし決して顔で人を区別し偏見を与えることではありません

 

顔をコミュニケーションツールとして最大限に使い

 

実社会で役立てていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク



 

頼りになる上司の顔とは

私はサラリーマン時代の中で。

 

いい上司に巡り合えて助けられたこともあれば、

 

なんでこんな上司の下で働かなければならないんだ

 

とわが身の不幸を嘆いたこともあります。

 

ここでは、

 

いい上司の見抜き方を説明していきましょう。

 

上司、福耳、上司、顔、観相学、耳、

そのポイントは耳にあります。

 

もしもあなたの上司の耳が大きく長く、

 

位置が下のほうにあれば、人格的に優れているので、

 

全面的に信頼していい人です。人間の耳は年を取り、

 

さまざまな経験を積んでいくうちに、

 

次第に大きく長くなっていきます。

 

人生の酸いも甘いも経験し

 

人格的に完成された人ほど、

 

大きく長く位置が下がってきます。

 

お地蔵さんや大仏の耳を思い出してみてください。

 

あれこそ、理想の上司の耳と言えます

 

中には、若い人には珍しく、

 

ニューョーク・ヤンキースで

 

活躍中の松井秀喜選手のように、

 

若くして耳が長く下がっている人もいますが、

 

一般的に、耳が大きく、垂れ下が ってくるのは、

 

おじいさん、おばあさんになってから

 

というつケースが多いものです。

 

では、上司がまだ30代、40代と、比較的、

 

若い場合にはどこを見ればいいのでしょうか?

 

その場合は、耳の位置を見てみるのです。

 

左右の耳たぶの一番下を結んだ平行ラインが、

 

鼻先より下に位置している人は、

 

特に人格的に練れています。

 

スポンサーリンク



 

面倒見のいい親分肌の見抜き方

観相学では

 

鼻と口の間の両脇にある箇所を食録と言います。

 

ここがムッチリと盛り上がっている人は、

 

世話好きで面倒見のいいタイプです。

 

肉付きに加えて長さもあると、

 

さらによい相です。 また、鼻の穴が大きい人は、

 

部下のミスにはあまり目くじらを立てません。

 

部下のミスのせいで

 

クライアントからクレームがきたとしても、

 

「今回は勉強になったと思って、

 

あまり気にするなー」と

 

フォローしてくれる度量の大きいタイプと言えます。

 

そして上司に恵まれる部下もいれば、

 

逆に部下に恵まれる上司もいます。

 

そういう人は、法令線(鼻の脇から伸びるシワ)が

 

キレイに口を囲むように見えるタイプです。

 

そして、たいていは食録が盛り上がっている顔相の人は、

 

法令線もクッキリしています。

 

つまり面倒見のいい上司は、

 

いい部下にも恵まれやすいという事なんですね。

 

人相・コミュニケーションは、こちら!

 

スポンサーリンク