アスペルガーでも誰でも感情が落ち着く

 

アスペルガー症候群とは?

 

アスペルガー症候群 診断テスト

 

アスペルガー、感情、言葉、ネガティブ、ポジティブ、

 

いろいろなアイディアを重ねても、


ときにはうまくいかない事でひどく落ち込んだり、


突然パニックを起こしたりするアスペルガーですが


反対に誰の声も耳に届かなくなるくらいの


興奮状態や過集中状況を起こす事もあります。

 

スポンサーリンク



 


自身の「感情」を如何に向き合っていくか、


また人との関わりのなかで如何に折り合いをつけていくかは


いつもテーマとしてあります。 世の中には、


いくつもの感情や心のケアのノウハウがありますが、


なかでもシンプルで取り組みやすく、


毎日のように実践出来効果的な方法として


ポジティブな言葉を口にするという事があげられます


一種のヒーリング効果があり


「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」「愛しています」


この4つ の言語をひたすら反復するだけです。

 

スポンサーリンク



 


4つの言葉を繰り返し唱える事で、


立ち上っているネガティブな感情を穏やかに


鎮めていく事ができます。


自分自身の内面が変わるだけではなく、


環境や遭遇している状況も変わっていく


事を実感することができます


「何故分かってもらえないの?」


「辛い」「悲しい」「おかしい」……。


悪い想像を膨らませて、


よりネガティブな心境に陥っていくのではなく、


ポジティブな言葉で満たされていることだけでも、


心は穏やかになります。心が穏やかになると、


不思議と周囲の人の態度も、


混乱している出来事も変わっていきます。


問題自体がなかったかのように安らぎを取り戻すのは


アスペルガーだけではなく


すべての人にとって有効的でお守りのような言葉ですね

 

大人の発達障害の記事はこちら

 

スポンサーリンク