顔はコミュニケーションツール

 

人相、コミュニケーション、顔、情報、恋愛、

 

顔から性格は読み取れる?

 

顔から相手の性格を読めない人でも、顔からは

 

様々な情報を得ています

 

例えば、男か女か? 年齢は? 職業は?

 

今機嫌がいいのか? 健康か不健康か?

 

顔はIDカード以上の本人の証明です

 

本人を証明する、運転免許所やパスポートには

 

必ず顔写真があるでしょう

 

人間は、顔にある機能(目、耳、鼻、口、)

 

によって情報(目=視覚、耳=聴覚、鼻=臭覚、

 

口=味覚、)を得ています

 

と同時に自分の顔にある機能(目、耳、鼻、口、その他)

 

によって自分が何者(男か女か、誰か、何歳か、)

 

であるかという情報を発信しています

スポンサーリンク



自分がどういう性格、性質の人間であるか

 

あるいは自分の現在の状況(喜怒哀楽、健康状態、年齢)

 

がどうであるかという情報を見る者に、もたらしてくれます

 

だいたいですが、誰でも顔から相手の性格や年齢、

 

誰であるか読み取っているのですから、もっと顔に

 

感心を持ち情報を読み取ることができれば顔から

 

性格が読み取れるようになるのです

 

しかし決して顔で人を区別し偏見を与えることではありません

 

顔をコミュニケーションツールとして最大限に使い

 

実社会で役立てていただけたら幸いです。

 

情に訴えかけたほうが説得しやすい人の顔

人相、コミュニケーション、顔、情報、恋愛、

 

昔から「唇が厚い人は、情に厚い」と言われています。

 

メイクをしていなかったとしても、

 

相対的に見て男性よりも女性のほうが唇は厚いのは、

 

女性のほうが男性よりも情に厚いからだと言えます。

 

つまり、唇が厚い人のほうが情にもろく、

 

情に訴えかけると説得しやすいのです。ただし、

 

口が引き締まっていると情だけで説得するのは難しく、

 

厳密には唇が厚くて口の締まりがない人に対しては、

 

情に訴えかけていくといいでしょう。

 

他に情が厚いタイプのポイントを挙げると、

 

輪郭は丸顔、眉が長いのが特徴です。 最近、

 

経営学の教授などがビジネススクールで、

 

「経営や営業にはホスピタリティが 大事です」

 

とわざわざ横文字を使って言っていますが、

 

何のことはない、ホスピタリティとは

 

「心づかい」「思いやり」です。

スポンサーリンク



 

つまり「営業には情が大事です」ということなのです。

 

「心づかい」「思いやり」を相手に示す場合、

 

まずは聞き上手になること。

 

相手が何を考えているか、何を思っているか、

 

何をしたいのか」を話しやすい雰囲気にし、

 

相手の話を聞くことに努めましょう。

 

口八丁手八丁のセールストークより、

 

聞き上手というのは営業マンにとって

 

最大の武器になるのです。

 

私が尊敬している年輩の方で、

 

こういう機会を無駄にしてはならないと、

 

こちらが「これはどうなんですか?」

 

「今こういう悩みを抱えていまして」というように、

 

質問や相談をしていると、

 

一生懸命なところに心を動かされたのか、

 

期待していた以上に詳しく、

 

自分の経験を基にアドバイスしてくれたことがあります。

 

その方は、自分の呼称が「私は……」から

 

「僕は……」になり、ついに は「俺はねー〇〇〇〇だよー・」と、

 

知らず知らずのうちに変化していきました。

 

このように、「心づかい」「思いやり」

 

を持って心を開いて接するようにすれば、

 

相手も必ず心を開いてくれるものです。

スポンサーリンク



 

このとき気をつけるのは、

 

こちらの発言に対して相手がどう思っているかを常に観察すること。

 

具体的には、相手の顔をときおり見ながら、

 

相手がどう反応しているのかを、相手の目の変化から読み取るのです。

 

瞳孔は、明るい場所では小さくなり、

 

暗い場所では大きくなるのは知られていますが、

 

興味があるものを見たり聞いたりしたときも大きくなります。

 

相手の黒目が大きくなって興味を示したと判断したら、

 

話題にしている話をさらに膨らませ、

 

相手の黒目に変化がなかったり小さくなった場合は、

 

別の話題に切り替えたほうがいいでしょう。

 

また、「心づかい」「思いやり」の基本として言えるのが挨拶です。

 

第一印象をアップさせるには、

 

笑顔で元気に「こんにちはー」と言うのが一番です。

 

そして「心づかい」「思 いやり」を相手に伝えようと思うならば、

 

感謝の気持ちを持っていなければなりません。

 

感謝の気持ちを持っていると

 

「ありがとうございます」という言葉が自然と出てくるものです。

 

つまりはそれが、「情に訴えかける」ということです。

 

最後に販売でも営業でも商売において大事なことは、

 

自分の会社の商品を好きになり 愛情を持つことです。

 

自分が扱っている商品に、,情"を持っていれば、

 

その商品は売れるはずです。

 

好きじゃないものをいくら売ろうと思っても売れません。

 

もしも、今の会社の商品が好きになれないのであれば、

 

今の仕事に執着する必要はありません。

 

とっとと辞めて好きな商品を売る仕事をしたほうが成功するはずです。

 

恋愛も同じですよね!

 

人相・コミュニケーションは、こちら!