z11

出会って2回目~プロポーズまでスムーズに進める方法。

女性と2回目に会う約束を取りつけたあなたが、時間と相手の気持ちをコントロールしながら、

6カ月間で婚約に持ち込む技術を伝授します。もう少しでゴールです頑張ってください。

あなたは結婚まで、あと10ミリのところにいる

z2

2回目も会ってくれるという女性をゲットしたあなたは、就職試験でたとえるならば、1次試験を通過して、

いよいよ2次面接に臨む状態です。

就職試験でも2次面接までこぎつければなんとかなります。

少なくともあなたの概要は認めてくれているわけですから、

いよいよあなたの「男の器」が試されるときが来たのです。見だしなみを整えましょう。

会話のネタもいくつか用意をしておきましょう。

デートのルートと時間配分も充分に練っておきましょう。

2同目のデートで野暮な質問はご法度です。

「どこに行きたいですか?どこでも連れていってあげますよ」一見、

彼女の意見を尊重している感じですが、0点です。

特に最初はイニシアチブを取らないと。ただの甲斐性なしに思われます。

正しい例としては、

今日は、海コース・ 山コース ・街コースを考えてきました。私は山コース気分ですが、

あなた的な感じがスムーズ&なんでも対応できる男の器をアピールできます。

なに食べたいですか?

これも、先の状況と同じですね。

魚か肉か、はたまた日本料理かイタリアンにしますか?

のほうがいいのではないでしょうか。

わたしはお寿司の気分なんですが、これでで多分、解決します。

スポンサーリンク



きょうは何時まで私といてくれますか?

z3
会ったらすぐに聞きたくなることですよね。自分の精神安定剤的に終了時間を聞いておいたほうが、

落ち着くのもよくわかります。

しかし、そんなことを言われても女性は返答に困るだけです。様子を見て楽しくなければ早く、

帰りたいと思うでしょうし、楽しければ門限を越えることもあるでしょう。最初から予定がある場合は、

彼女のほうから申告があるはずです。

小学生ではないのですからお互い、その辺は’あ・うんの呼吸で対処すべきです。

また、少し飛躍しますが、「キスしていいですか?」

これも悲しい質問です。だって女性がそれを聞いて、

「ハイーいつでもどうぞー待ってましたーっていうわけないじゃないじゃないですか。

たとえOKな気持ちを持っていたとしても言えません。

男性側としていろんな意味で確認したい気持ちは重々わかります。

高校生までだったらこの質問も許します。

ただあなたは現在、大人なのですから、

あ・うんの呼吸で行動すべきときがあるのです。

このニュアンスやシチュエーションをみんな経験して結婚に至っています。

独身のみなさんこうした駆け引き事を楽しみましょう。

プレゼントはすべきか、すべきではないか?

z44

2度、3度と会う機会が増えてくれば、彼女の誕生日やクリスマス、ホワイトデーなど、

プレぜントをあげるシチュエーションも増えてくると思います。

私はプレゼント肯定派です。ガンガン、プレゼントしましょう。基本的に女性はお付き合いして

いる人からものをもらって悪い気はしません。それだけ自分のことを思っていてくれていると、

認識できるからです。もちろん、初めて会うときでも〇Kです。

付き合っている・付き合っていない、とりあえず会ってくれているけど、

今は自分の片思い、などという、2人の親密度・進展度は関係ありません。

スポンサーリンク



プレゼントはどんなときでも女心を刺激してくれる力ンフル剤です。

いつどのタイミングでプレゼントすればいいのよいうそこのあなた。

出会ってー力月目記念プレゼント。

デート5回目記念プレゼント。

プレゼントを渡す口実なんて、 なんでも記念日にしてでっち上げればいいのです。出張での

おみあげなんかもいいでりね。

ただ、勘違いしないでほしいのは、プレゼントといっても私が言っているのは、高価なブランど品や

宝石などではなく、1000円単位のセンスのいいメモリアルグッズになるようなものの事です。

包装紙に包まれた箱の中からヴィトンのバッグが出てくるというニュアンスではありません。

だいたい、そんなプレゼントを数回したら破産してしまいますよね。

私が言っているのは、よく外国の映画にあるような、たとえば、2人でのデートの途中に彼女

が屋台で小さなキーホルダーを見つけ、それを男の子が買ってあげる、というようなシーンです。

そして誕生日やクリスマスには、それなりの世間並みのプレゼントを贈れば、彼女のプライドや、

社会的ステイタスも保たれます、あなたへの評価も上がるでしょう。

また、高価なブレゼントの場合は、必ず彼女と買いに行くことをお奨めいたします。

サプライズを狙う気持ちはわかりますが、

彼女の好みではなかった場合はあなたも彼女も悲劇を迎えることになります。

高価な贈りもの(私的には数万円のもの)をしたい場合は、

彼女とお店に行って彼女に選んでもらいましょう。

それ自体がデートになりますし、発案したときから実際に買いに行くまでのあいだ、

期持感やワクワク感を共有できます。

つまりプレゼントを渡したあとだけではなく、それ以前も楽しめるのです。

プレゼントは、自分が贈って嬉しいものより相手がもらって、喜んでくれるものを贈りましょう。

私の実家の父は、我が家に来るときいつも、

自分の好きなゴマ豆腐の詰め合わせをお土産に持ってきます。

よかれと思ってくれているのはわかるのですが、

私はゴマ豆腐は口に合わず正直、食べられません。処理に困ります。

くれぐれも女性に対しあなたは、そうはならないように・・・・


スポンサーリンク