結婚するにもまず{結婚するための婚活、基本技術の習得}が必要です。

k11

結婚受難と呼ばれて久しい昨今、悩める独身男性に向けて(こうすればモテる)

 

(こうすれば彼女が出来る)という心理カウンセラーや学者によって書かれた本

 

沢山出版されていますが、世の中そう上手い話しはありません。

 

机上で書かれた小手先の言葉で出来るとすれば、今の世の中30才を超えた

 

結婚希望者は全員結婚出来ているはずです。

 

しかし安心してください、まだ間に合います。これまでの結婚への発送と行動を

 

修正し結婚するための基本技術をマスターして効率よく動き、6か月で結婚しましょう。

 

どうして今結婚できないか?からくりがあります!(婚活、お見合い、結婚応援)

k222

今、結婚したがっている独身者が子供だった頃、周囲の大人はみんな、

 

結婚していてそれが自然だと思っていました。大人は結婚しているのが当たり前という

 

環境の中で育ってきた世代です。

 

大人はみんな結婚していた、だから自分もいつかは当然結婚するのだろうと、

 

無意識のうちに潜在意識の中に、刷り込まれたのです。

 

でも今の現実はどうですか?今大人になったあなたは、本当にいつかは結婚出来そうですか?

 

しかし今結婚している、お爺ちゃん、おばあちゃん、両親たちは、決して高い恋愛能力があぅたわけではありません。

 

また、当時は今と比べて異性と接する機会が多かったわけではありません。

 

つまり異性とお話しするのが苦手な人、一度もデートしたことがない人、社会性に乏しく家から出ない人、

 

恋愛能力が低い人、といった人たちでも実は(強制力を持っお見合いとそれを当然と思う社会風土)

 

があったからこそ当時はみんな結婚できたのが現実です。

k2222

今の世の中、独身者が家で待っていても誰もご縁を運んでくれません、また年配の方々に今の若い者は、

 

結婚出来なくて不甲斐ないと口うるさく言われても、結婚については、年配の皆様へ一度あなたも今の時代に、

 

生まれ変わって生きてみてはと言いたいときもあるでしょう!

 

また現代独身者の悲劇の原因は、社会環境の大きな変化にもあります。

 

つまり、昔は結婚しなければできなかった、女性との接触が、今ではバーチャルな世界で充分に体験可能にるのです。

 

そのため異性を求める本能が退化し、いわゆる草食系男子が増殖しているのは無理はないかもしれません、

 

よってお一人様でも充分に満足できる耐性がついてしまっているので、

 

時代の変化に気ずかず緊迫感がない分結婚がさらに難しいということになります。

 

婚活はまず女性に出会う、数多くの正しい機会を設けること(婚活、お見合い、結婚応援)

k33

婚活の為の出会いを発生させるコツは、いきなり相手を探すのではなく、相手を紹介してくれそうな人を探すことです。

 

まず飲み会やコンパの開催をお願いしまって下さい、その際出会いの場をセッティングしてくれた人の飲み代をもってやれば

 

みんな喜んで、開催してくれます。

 

また友人とその奥さんを誘い奥さんの友人(独身女性)も連れてきてもらい4人でプチ合コンも効果的です。

 

更に会社によく来る保険外交員(女性)に~回位合コンを開いてくれたら、

 

保険に入ることを考えると言ってもいいかもしれません。

 

結婚相談所も、費用は発生しますが、数多く結婚希望の女性と必ず会えますのでかなり効果的です。

 

出会いに楽な道はありません。しかるに時間と労力を惜しまず、会うという基本的な行動を疎かにした人は、

 

結婚の道から遠のくだけです。

 

だからと言って人には、人生のタイムリミットがありますので婚活も効率的に活動する最大のコツがあります。

 

それは、結婚相手を探すのではなく、出会いを仲介してくれる人や場所を探すということです。

 

女性と出会えるだけでありがたいという初心の気持ちをいつまでも忘れず、もし女性に振られたとしても

 

決して女性の悪口を漏らしてはいけません。その瞬間からあなたとの間に入ってくれた人の関係が断ち切れてしまいます。

 

初心を忘れず、どんどん紹介をいただいてください。

 

結婚相手と自然に出会えるスポット(婚活、お見合い、結婚応援)

k44

1:一日だけ、もしくは短期間のアルバイトにスポット的に数多く行く。


休日を利用し、女性がいそうな職種を狙う、例えば、デパートのお中元お歳暮などの臨時アルバイトや、


ビルの引っ越し、交通量の調査、清掃業務、などこの不景気で本当に普通の女性が働いています。


2:ボランティア活動に参加してみる。


今の世の中ボランティア活動が盛んです。特に都や県や市が主催している一日のみのボランティア活動がお勧めです。


これだったら団体に属さなくてもよく、いろいろな地域に参加で出会いのチャンスが一気に増えます。


3:マラソン大会などスポーツ大会に参加してみる。


同じ趣味ということもあり挨拶程度に気軽に話しかけやすいし、運動が苦手という方なら、臨時スタッフという手も会います。


4:文化教室や各種セミナーに参加、受講してみる。


例えば、パソコン教室、宅建教室、株。、財テク教室などです。


自ら進んで勉強しようとしていて、同じ目標、目的を社会人同士の繋がりは学生時代より強かったりします。


5:バスツアーに参加しよう!


経済不況の折、海外旅行ではなくプチ旅行がブームです。カップリングパーティーのように周りにライバルはいません。

スポンサーリンク



行っても効果が上がらない出会いのNGスポットに注意(婚活、お見合い、結婚応援)

k55

出会いのOKスポットもあれば、当然その逆の出会いに不向きなスポットもあります。


1:フィットネスジム

一見女性も多くリラックスして良い区間のように思えるのですが、周りに男の常連さんもいますし

インストラクターも目を光らせていますし、話しかけるのは至難の業です、もし声をかけて失敗したら

二度と同じ時間にはカッコ悪くて行けなくなります。


2:クッキングスタジオ

最近婚活男性にクッキングスタジオ通いが流行っていて、確かに周りは若い女性ばかりですが、

でも、そこに来てるのは、結婚予定者や、既婚者多かったりします。そして何より、来ている男性に対して

女性陣は冷ややかな目を持ってたりして、婚活にバレバレなのもマイナスポイントです。


3:各種サークル

趣味、テニス、ボーリング、サークルなど一般的にありますが、サークルにはいじぇんからの常連さんがいますので、

すでにサークル内で、仲間うちが出来ていて、よそ者扱いされるのが関の山です。


4:オフ会、お店のイベント、お祭り会場などもNGです。

とにかく自然に出会えるスポットで、周りを味方につけ、出会いを沢山発生させましょう

振った、振られたという結果に一喜一憂せず出会いを作ってくれた人に感謝し常に初心を忘れないことです。

スポンサーリンク



実は女性は3高なんて求めていません、今のあなたで大丈夫です(婚活、お見合い、結婚応援)

k66

女性は男性を判断する条件はただ一つ、この男性に自分の人生を預けていいか、これだけです。


女性の本音は、男性は、外見でも、年齢でも、お金でもないということです。


いつも問題になるのは人間性、男性の器、腹の据わり方、女性を包み込む心、頼りがいです。


それがないと、年収が少しくらい良くても、身長が高くても、高学歴でも女性は振り向いてくれません。


女性が容姿、環境、収入よりも、一番重要視しているのは、あなたの本質的な部分です。


逆に言えば、(3低)な方でも結婚へのチャンスは平等に開かれています。


それを心に秘めて愚痴をこぼさず後ろを観ず、前向きに婚活であなたのパワーを出し切りましょう。

次回、あなたは{結婚するための基本}を知っていますか?(婚活、お見合い、お付き合い編)をお伝えします。


スポンサーリンク