デートでは惜しみない愛情表現を

 

会話、デート

 

女性は男性が考えている以上に観察眼が鋭く、
深く男性を見ています。表面的に取りつくろっても、
その目をあざむくことはなかなかできません。

 

スポンサーリンク




たとえば、エスコートということで言えば、
あなたが女性をエスコートすることに


長けていれば問題ありませんが、
マナーの本やモテるためのテクニック本を


読んで真似をしただけでは、
たいてい相手にバレてしまいます。


そうすると、「形だけの人」
「付け焼き刃」などと思われ、
余計カッコ悪く見えてしまうでしょう。


女性が好感を抱くポイントを根本的に理解し、
そのなかから自分に合うものを
選んでアピールすることが肝心です。


女性が男性に惹かれるポイント、
それは「この人といると幸せになれそうだ」


と感じられる部分は
「サバイバルスキル」と「ケア能力」です。


この二つの要素で女性 のお眼鏡にかなう部分があると、
彼女はあなたと一緒にいたいと思うようになります。


「サバイバルスキル」とは、
社会や人生を生き抜く力のこと。


具体的には仕事内容や収入、問題解決能力、
知識や知恵などを指します。


デートでこれらの能力を上手に アピールし、
「この人できそうだな」


「この人についていけば大丈夫そうだな」
という印象を相手に与えることができればいいのです。


この能力をデートでアピールするには、
まず、デート中落ち着きを持って振る舞うこと。

 

スポンサーリンク




いっぱいいっぱいになっている姿が見えては、
「この人とつき合って大丈夫かな」と思われてしまいます。


また、知識が豊富だったり、気の利いた会話ができたり、
センスのよい身なりをしていることも
サバイバルスキルのアピールになるでしょう。


自分の誇れる仕事について情熱的に話すのもいいでしょう。


もうひとつの「ケア能力」とは、女性を守る力のことで、
誠実さ、優しさなどがこれにあてはまります。


デートでこの能力をアピールするには、
たとえば、彼女の話をきちんと聞く、


容姿や服装を褒める、
お店ゃレストランのドアを開けてあげる、


デート中携帯電話には出ないといった
行為をするといいでしょう。


エスコートが上手な男性が好感をもたれるのは、
「女性に対するマナーを知っている=知識がある


さらに「自分を思いやる優しさがある」
ということで、サバイバルスキルとケア能力を
持っていることを女性に示すことができるからです。


しかし、その能力をアピールする方法は
エスコートだけではありません。


あなたが物事を調べたり
計画を立てたりするのが得意なら、
彼女のために楽しいデートを考える。


「自分には何もない」と思うなら、
ひたすら彼女の話を聞き、共感するのもいいでしょう。


あなたができることの中から、
サバイバルスキルとケア能力にあたる部分を
アピールしてみてください。


スムーズなデートで好感を持ってもらうには、
女性が好きな文化 をある程度押さえておくと有利です


女性の友人がいれば
その人に聞くのが一番いいですが、


いなければ女性が見そうなテレビ番組を
見るようにしておくといいでしょう。


そういうものを見ていると、 こういうことが好きで、
こんなふうに考えているのか」というツボがわかります。


そうやって仕入れた知識を自分から
披露する必要はありませんが、


女性の文化 を知ると会話がしやすくなり
「話しゃすい人」と
好感を持たれることにつながります。


そして、あまりテクニックばかりにとらわれず
不器用でも心からの対応が大事ですよね。

 

スポンサーリンク