恋愛にとって重要なのは

 

恋人、気持ち、伝える、効果的、

 

「自分に自信が持てないから恋愛ができない」
という人は多いですが、


実は、恋愛において自分に自信があるかどうかは
あまり大きな問題ではありません。

 

スポンサーリンク




恋愛にとって重要なのは、
あなたそのものの本質的な価値より、


相手にとって何の役に立つか、
一 緒にいてどんなメリットがあるかということなのです。


ですから、自分に自信があろうとなかろうと、
異性にとってメリットとなる


要素を多く備えた人はモテますし、
そうでない人はモテません。


異性にとってのメリットに感じられる要素というのは、
男性の場合、サバイバルスキルとケア能力です。


社会を生き抜いていくその人なりの力があるか、
そして自分をいたわり大切にしてくれるか、


その2点がポイントとなります。結婚を考える場合、
年収や仕事の安定感がサバイバルスキルとして
特に重要視されてくるでしょう。


女性の場合、相手にメリットと感じてもらえるのは
見た目の魅力と居心地のよさです。結婚を意識するなら、


経済観念があるか、
子供を産み育てられるかなど
家庭を維持できる能力が加わるでしょう。


これらの要素を満たしているならば
恋愛を有利に進めることができます。


しかし、これらの要素を持っていないなら、
自信の有無は関係なく、なかなか難しいでしょう。


恋愛において、あなた自身の本質的な価値というのは
あまり関係ありません。


たとえば、あなたがフラダンスがうまいとか、
昆虫に関する知識なら誰よりもあるといったことに


強い自信を持っていても、
それが相手に大きな利益があれば別ですが、
そうでなければモテません。

 

スポンサーリンク




自分に自信がないからといって、
何でもいいから頑張ってやみくもに自信をつけようと
努力するのはあまり意味のないことです。


それよりも、メリットとなる要素を
ーつでも多く獲得することのほうがずっと重要なのです。


たとえば、男性なら、自分に自信がなくても、
女性に対して一生懸命優しく、尽くすことができれば、


好きになってもらえることもあるでしょう。


重いものを持ってあげる、
いつでも話をちゃんと聞いてあげるなど、


相手に役に立つ行動を続けていると、
好意を寄せてくれる女性が現れるはずです。


逆に、恋愛に慣れた女性の中には、
根拠のない自信を持っている男性を「地に足がついていない」


と警戒する人もいます。 また、女性の場合は、ダメ出しをしない、
相手に共感して誉めるなどの行為を徹底して、


居心地のよさを提供すると、自分に自信がなくても
好きになってくれる男性はいます。


このように、自信はモテるための
必須の要素ではありません。


ただし、自分に自信を持つことが
これまでに挙げたメリットを補強することはあります。


自分に自信があるということは、
楽天的になれるという魅力に通じます。


男性なら、何か問題があっても「何とかなるさ」
と落ち着いていられる能力は、


サバイバルスキル のーつとなります。


女性なら、楽天的でいつも明るく愚痴を言わない、
ネガティブな空気を出さない というのは、


居心地のよさのーつとなります。 そういう意味で、
自信がないことは、
それらのメリットが相手に与えられないことを意味します。


この人と一緒にいると、
何か起こってもパニックになって問題を


解決できないかもしれない、
嫌なこ とがあったときに


ネガティブなことばかり言われて
気分が悪くなるかもしれない、


そういったイメージ を持たれかねないという点では、
自信がないことはマイナスになるでしょう。


ですから、「僕は自分に自信が全然ないんですが、
そんな僕でもいいですか」
などと宣言してはいけません。


自信の有無ではなく、
相手にとってどれだけのメリットを提供できるか、


それを考えて努力すれば、
自分に自信がなくても、いい恋愛ができますよ!

 

スポンサーリンク