心の法則のシステムを理解しよう

 

運命の人、赤い糸、
潜在意識を活用した
願望達成法の著者として知られている


ジョセフ・マーフィー博士は、
著書の中で次のようなことを述べています。


「よいことを思えばよい結果が起きます。


悪いことを思えば悪い結果が起きます」
「人生にはある偉大なルールがあります。

 
 


それは、あなたの人生は
あなたの思い描いたとおりになるというルールです」


「切に望んだことは必ず実現します」
マーフィー博士はこれを


「心の法則」と名づけましたが、
みなさんはこの言葉をどう受けとめますか?

 

スポンサーリンク




「そんなのインチキだ。自分の場合、
よいことを思っても悪い結果しか出せなかったぞ」


詭弁もいいところだ。一生懸命に願望を念じたが、
結局、効果がなかったと、
反発を感じる人のほうが多いのではないでしょうか。


しかし、それはマーフィーの
「心の法則」が間違っているのではなく、


その人の心の体質に問題があるのです。


つまり、願望達成の原理は
念じる力(想念)+心の体質=願望の実現


という公式で表せるわけですが、
心の体質の強弱次第では、
願望がかなわなくなってしまうのです。


逆に念じる力が弱くても心の体質が強ければ、
願望はかなってしまうのです。


心の体質の強弱次第で、
その人の運命はますますよくなったり、
悪くなったりすることをくれぐれも忘れてはなりません。


それでは、心の体質を改善していくのには
どうしたらよいのでしょうか。


私はそのために三つの心を養成することを提唱しています。
①積極心ー目標達成に向けて、


「できる」という意志をもって、前向きに行動する
②楽天心ー物事を肯定的・楽観的に考え、


自分という人間を大切にする
③愛他心ー他人の生き方を尊重し、愛と善意と喜びを与える


この三つの心というのは、
成功を収めるための絶対条件といってもいいでしょう。

 

スポンサーリンク




成功者はみな、意識するしないにかかわらず、
これを実践しているのです。


なぜならば、三つの心が備わっている人は、
目標に向けて何事にも前向きに取り組め、


ピンチや逆境をもチャンスに置き換え、
人に対しても喜びを与えようとします。


そういう 人はおのずと精神レベルが向上し、
同レベルの波長の合う人間、


すなわち運命の人を味方に引き入れることができるため、
その人たちの力添えによって、


大いなる自己実現を果たすことができるからです。


本章の冒頭で述べたことの意味がこれで
少しはおわかりいただけたと思います。


さあ、あなたも「願望がかなわない」
「人生が思いどおりに展開していかない」


「ツキに 見放されている」
「世の中とうまくかみ合わない」と嘆く前に、
積極心、楽天心、愛他心 を養成しようではありませんか。


繰り返しいいますが、運命の人はこの世に必ず存在します。


ただ、あなたがその存在に 気づいていないだけなのです。


しかし、その存在に目覚め、
心の体質を変えるように努めていけば、


「あなたの願望をかなえてあげよう」
「幸福な人生をあなたとともに歩もう」と


考えている人と運命的な出会いを
果たすことができるようになるのです。


明日、劇的な形でめぐり合う可能性だってあるのです。


いや、ひょっとしたら、
なたのそばにいるかもしれないのです。


では、運命の人と出会うために必要不可欠な
三つの条件である積極心、楽天心、愛他心を


自分の人生にどう取り入れていけばいいのか。


その方法を次回から詳しく述べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク