心から届いたメッセージに耳を傾ける

 

運命の人、チャンス、平等、

 

「今日は雨が降っているけど、
どういうわけだか外で食事がした い


仕事で疲れているけれど、
たまに異業種交流会に顔を出してみようかなあ」

 


といったぐあいに
ある種の欲求がひらめきや


カンのようにわいてきた場合は、
素直にそれに従ったほうがいいということです。

 

スポンサーリンク




雨が降って外出するのがおっくうでも、
仕事で疲れていても、迷うことなく
行動に移してもらいたいのです。


なぜかというと、あなたの願望を受け取った瞬間、
潜在意識はあなたに


願望達成のチャンスをつかませてあげようと、
種々の合図を出して、


その目的にかなった行動をとるように
誘導してくれるからです。


その合図の典型というのが、ひらめきやカンなのです。


そこで、あなたも、「急に英会話の学校に行きたくなった」
「故郷にいる両親の声が聞きたくなった。


電話でもしてみよう」
「久しくご無沙汰している恩師に手紙を書きたくなった」


「どういうわけか、急に旅に出たくなった」
といった感情がわき起こったら、

 

スポンサーリンク




それらは願望達成のチャンスを提供しようとしてくれる、
潜在意識からのメッセージ"であると解釈し、


自分の感じるまま、
思うままに行動を開始してみてください。


「縁は異なもの味なもの」
「袖すりあうも多生の縁という格言があります。


これは、見知らぬ人同士が道端で行き違い、
袖すり合うのも前世からの


定まった「縁」によるものだという意味ですが、
この場 合の「縁」とは
出会いのことをいいます。


すなわち、出会いがあるからこそ、
人間関係が成り立つわけであり、
その人間関係によって可能性の輪が広がっていくのです。


ですから、あなたも「こうしたい」
「あそこに行きたくなった」というひらめきを感じたら、
すぐにそれを実行に移してください。


そのひらめきが出会いを呼び、出会いが大きなチャンスを
呼び寄せてくれるのです。 別の言い方をすれば、
チャンスに恵まれない人など、この世にいないのです。


あなたにだって、
私にだって、チャンスは平等に与えられているのです。


問題はそれをどうつかまえるか?
それだけのことなのです。

 

スポンサーリンク