自分に合うフイールドか再確認を

 

オンライン、婚活、パーティー、パートナー、楽しい人生、開運、愛、結婚、相談、

 

頑張ってアプローチしているのに
ふられ続けるという場合、


もちろん自分を磨く努力も大切ですが、
出会いを探しているフィールドが


自分に合っているかどうかも
検証したほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク




人にはそれぞれ自分の魅力が生きる場所があります。


たとえば、会社での仕事ぶりは平凡だけど、
歌がものすごくうまくて趣味のアカペラサークルでは
大活躍している人がいるとしましょう。


この人は職場で出会いを探すより、
サークルで探したほうがずっと
恵まれた状態で恋愛ができます。


また、自分より若い女子社員ばかりの職場では
まったくモテなくても、


自分が最年少となる趣味の教室では
モテモテになるという場合もあります。


あなたの恋愛シーンでの価値は絶対的なものではなく、
場によって変わる相対的なものなのです。


あまりにも恋愛がうまくいかないなら、
もしかすると自分に合わないフィールドで
頑張っているのかもしれません。


手当たり次第アプローチするより、
自分に好意的な人が多い場所でアプローチするほうが、
成果が出やすいのは当然です。


心が折れてしまうほど頑張る前に、
自分に合ったフイールドに行くことを考えましょう。


そのためには、自分の魅力が何で、
どんな場所で生きるのかを知らなければなりません。

 

スポンサーリンク





人の魅カには、
短期、中期、長期の3 つがあります。


あなたの魅力はこのうちどれでしょう。


自分の魅力がもっとも
伝わりやすいフィールドを
選んで相手探しをすることが大事です。


自分の魅力が伝わりやすい場所に行けば、
状況は劇的に変わるかもしれません。


また、出会いを探しに新たな場所に出かけるときには、
その場に上手に入っていくことをおすすめします。


やみくもに新しい場所に飛び込んでも、
その場所でーから人間関係を築き、


あなたのよさを
発揮するまでには時間と手間がかかります。


しかし、 ある方法を使えば、あっという間にその場での
あなたの存在を確立することができるのです。


その方法とは、
その場の中心となる人からあなたを紹介してもらうこと。


どんな集団にも、
場を仕切っていてみんなに一目置かれている人が必ずいます。


その集団のカラーを決めていて、
その人の意見がその集団の意見になる、そんな人です。


このような人から紹介してもらえると、
上手にその集団でのポジションを確保できるのです。


たとえば、異業種交流会に参加するとしましょう。


ネットで募集を見て、たった一人で参加しても、
ほかの人 はほとんど知り合い同士で、
ろくに話の輪に加われないかもしれません。


やっと話し相手を
見つけても、その人自身も会の中で孤立しているようなら、
そこから関係を広げるのは難しいでしょう。


しかし、あなたがその会の中心人物と知り合いで、
その人があなたを紹介すれば話は変わります。
「彼は〇〇君といって、▲▲の仕事をしてるんだ。


おとなしそうに見えるけど、
話してみるとすごく 面白いよ。


みんなよろしくね」。そう言われれば、
その言葉がそのままあなたのその場でのポジションになり
すんなりと場に入っていけるのです。


もし、何をしてもダメなら、
「ランダムウォーク」をしてみることをおすすめします。


ランダムウォークとは、目的を持たずに、
思いつくままあちこちに出かけてみるということです。


普段自分が行かないようなところに行き、
しないようなことをするのです。


これを長期間続けていると、
起きてくる事象が変わり
意外な縁か見つかることもありますよ。

 

スポンサーリンク