絆、バツイチ、バツ2、バツ3、子持ち、再婚、相性、

バツイチ、バツ2、バツ3、子持ち再婚は開運相性から

バツイチ、バツ2、バツ3、子持ち再婚などは、

 

一緒にピンチを体験した人で、

 

共に「心に残る人」同士の強い絆が生まれています。

 

若いカップルは、なぜスリルのある恐怖映画や、

 

おばけ屋敷、のようなところに好んで 入るのか。

 

スポンサーリンク



 

ここには、好妙なる「心理作用 の活用」がある。というのは、

 

どうやら人は、恐怖や孤独感に襲われた後で人と会うと、

 

その人に好感を抱くという傾向があるらしい。

 

つまり、彼は、恐怖映画や、おばけ屋敷“が、

 

彼女の心をゲットするためのチャンスの場であることを、

 

本能的に知っているのである。また女性のほうも、

 

実害のない恐怖や孤独感を体験し、

 

その後でまた平和で幸福な世界に立ち戻る気分を実感したいようでもある。

 

そこに頼りになる男性がいてくれたら、なおさら楽しい。

 

かくして、ホラーやスリルとサスペンスの映画は客を呼び、

 

おばけ屋敷はカップルでにぎわうことになる。

 

雪山でのスキーも同様のことがいえる。

 

いや白銀の世界を風を切って滑ってゆくスリルのある舞台は、

 

さらに、自然の美しさ“といった大きなプラス要素さえ加わる。

 

スポンサーリンク



 

つまり、雪の傾斜を自分の技術の限界に挑戦しつつ滑り下りてゆくスリルと達成感、

 

それに頼もしい彼のフォロー、さらにその背景は、一面の美しい銀世界。

 

これではいやが上にでも人の結びつきは強く固くなる。

 

スキー場で若い男女の恋が生まれるのはわかりすぎるくらいわかる。

 

心理学的にも、彼 と彼女が結びつく条件が十分にそろっているのである。

 

レジャーやスポーツばかりではない。実生活においてでも、共に危機を体験し、

 

それを 共に乗りこえたとすれば、二人の連帯感は強固なものとなるだろう。

 

だからだろうか、私の若い頃は、好きな人と一緒になることを、

 

「共に苦労をしてみたい」 などといったりしたものである。

 

知っていたからである。 昨今のように「二人で幸せになりまーす」といった、

 

明るくて軽いものではない。「共に苦労して」それを経てこそ、

 

強い絆が生まれ、本当の幸せが得られることを誰もが知っていたからである。

 

まずは初心に帰って週末にでも、

 

雪山スキーはすぐには無理でも恐怖映画、お化け屋敷あたりから初めてみては、

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ
にほんブログ村


バツイチ恋愛 ブログランキングへ

 

スポンサーリンク