どうすれば相手が運命の人とわかる?

 

運命の人、出会い、

 

シングルの人は、よくこう尋ねます。


「相手が運命の人かどうか、
どうすればわかるのですか?」

 

スポンサーリンク




現在のパートナーは自分にふさわしい、
と言いきれる人たちに、同じこの質問をしてみます。


すると、たいていの人はこのように答えるでしょう。


「うーん、言葉ではうまく説明できないけれど……
ただ、わかるものなんですよ」


ベスト・パートナー同士が恋に落ちる時は、
ただお互いにそうと認め合ったから、
という他ないのです。


これは明快かつ単純なことです。


きょうは天気がいい、あるいは水を飲んで、
それが冷たくてすっきりしているのがわかる。


岩を持ってみて固いのがわかる。


そうした認識と同じです。


運命の人と一緒にいる時は、
ただ、それがわかるのです。


理由や資格を書き連ねた長いリストなど、
まったく必要ありません。


ふさわしい相手がやって来たら、「わかる」のです。

 

スポンサーリンク




相手が自分にふさわしい理由は、
それからの暮らしの中で見つけていけばいいのです。


ただし、彼らの答えは真実である一方、
誤解を招きやすいことも事実です。


もし「相手がベスト・パートナーかどうかわからない」のなら
相手を間違えている、というようにも 受け取れるからです。


したがって、次のように答えるのが間違いないでしょう。


「わかるのに適切な条件が揃っている」。


すなわち自分の心が開いていて、
たまたまふさわしい人がそこにいる。


その時、あなたは「わかる」のです。


心を開いている時に
たまたま合わない相手といたとしたら、
相手が違うことも「わかり」ます。


生涯をともにしたい相手を見つけるには、
心を開くことです。


たとえふさわしい相手と一緒にいたとしても、
相手に対して心を開くという


適切な条件をクリアしていなければ、
「わかる」ことはできません。


適切 な条件が整うと、
ふさわしい相手が近づいた時に
「わかる」能力が養われます。


相手がふ さわしくない場合も、
それが「わかる」ようになります。


ひとたび「わかる」能力を身につければ、
ふさわしい相手を見つけるのも、
また相手に 見つけてもらうのも簡単になります。


あとは、出会いと別れの決断を繰り返すたびに、
理想の相手を射止めるという目標に近づいていくでしょう。

 

スポンサーリンク