大人の発達障害

 
アスペルガー症候群とは?
 

アスペルガー症候群、大人の発達障害、会話、

 

隠れアスペルガー症候群の人が会話で困る事に、

 

よく学校などで教わることで、お話しするときは、

 

相手の目を見て話しましょうということを言われますが、

 

実は、これが苦手です。

 

何故かというと、相手の目を見ていると、人の目に

 

集中しすぎてしまい、話が効けなくなり

 

自分から話が出来なくなるということが多々あります。

 

目を見る行動と話を聞くという行動の二つの行動をを、

 

同時に行うことが難しいのです。

 

スポンサーリンク



 

また相手の話を聞きすぎると、

 

自分が話すことをまとめられずに、

 

反応が遅れてしまうこともあります。

 

それと同じようなことで会話の時に、

 

自分と相手の境界が分からないことがあります。

 

これも学校などでよく教わる、自分のいやなことは、

 

他人も嫌なのでしてはいけませんよと言われますが、

 

これを間違って覚えてしまってる人が多いです。

 

例えば本人として沈黙が全然苦ではないと思っている人が、

 

会話の場に出たとしても、沈黙や話さなくても本人は全く

 

不快ではないので、あまり会話をし無くても

 

自分的には何の問題もありません。

 

しかし大多数の人は会話の場で沈黙が続づくとあまり

 

気持ちが良くないというか雰囲気もよくありませんよね。

 

また今日なんかこの人機嫌悪いのかあな~と思ったりします。

 

本人としては、何か作業などしているときは、むしろ

 

話かけられたくないと思っていますから

 

相手も何か仕事などしているときに

 

話しかけられたくないんだろおなーと思ってるだけなんですね。

 

なのでこの他人にされて、自分がいやだと思った事でも、

 

相手がいやだとは限らない場合もあることを、

 

認識してもらう必要があります。

 

スポンサーリンク



 

メールとかラインをするときでも、

 

自分としては返事が返ってこなかったり、

 

遅くても気にしなかったりします。

 

自分があまり度々メールやラインが来たり

 

話が来ることが好きではありませんから

 

相手も好きじゃないだろうとなってしまい

 

連絡しなかったり、遅れたりしてしまいます

 

の人の時間を邪魔してはいけないと思ってしまうんですね

 

そうこうしてるうちに相手からなんで連絡くれないのと言われ

 

コミュニケーションが上手くいかないケースが多いです。

 

また自分は嫌じゃないからあら相手もいやじゃないだろうと思って

 

発言してしまうこともあります。

 

たとえが自分は年齢を聞かれても気にしないので

 

相手に聞いてもいいだろうと思い聞いてみると

 

嫌がられてから気付くなどあります。

 

相手と自分を入れ替えて考えるのが難しいんですよね

 

そうゆうところで会話のトラブルとかあったりするので

 

そこをお互い理解して接するだけでも

 

コミュニケーションが変わってくるんじゃないかなーと思います

 

またこのような方の特徴としてマルチタスクの仕事にはむきませんが

 

その特性を生かして専門分野で活躍されている方がとても多いです

 

いわゆる世にいう天才の人が多いですよね!

 
アスペルガー症候群 診断テスト

 

スポンサーリンク