女性から男性へは「受け身」戦術を

 

恋愛、直観力、出会い、女性、アプローチ

 

男性の場合は、
押せ押せのアプローチと受け身の


アプローチの二つがあると言いましたが、
女性の場合のアプローチ法は「受け身」ただーつです。


たとえば、見た目がものすごく美しいとか、
モデルやCAなどの職業についているなど、


男性にとって市場価値が高い場合は、
押せ押せのアプローチでも成功することはあります。

 

スポンサーリンク




けれども、そういった女性でさえも、
受け身のほうがべターです。


たとえ成功してつき合えたとしても、
女性から告白したことで


男性のテンションがあまり上がらず、
男性主導のつき合いになってしまったり、


早々にうまくいかなくなってしまうことが
少なからずあります。


やはり、男性をその気にさせ、
アプローチさせ、
告白させてつき合うのがベストなのです。


なぜなら男性は、
「熱くなって必死で手に入れたものに強く執着する」


「自分で選んだものの責任を取ろうとする」
「自分からした約束は果たそうとする」という、
3つの性質があるからです。


この3つの性質を引きだすことができれば、
女性に有利に恋愛を進めることができます。


女性から告白をしてしまうと、 女性がすべきことは
告白して相手を手に入れることではなく、
相手に自分を好きにさせること。


そして、向こうからあなたを手に入れる行動に出るよう、
仕向けることです。


これらの性質を引きだすことが難しくなってしまうのです。
さて、一口に「受け身のアプローチ」と言っても、


あなた自身が、(彼の恋愛対象内"にあるか、
恋愛対象外なのかによって、
戦略が異なってきます。それぞれについて説明しましょう。


恋愛対象内にある場合(彼からメールが頻繁に来るとか、
デートのお誘いがあるといった場合は


恋愛対象内と考えます)、
「好き」とは言わずに、態度やしぐさ、
雰囲気などで、あなたの好意を相手にさりげなく伝えます。


たとえば、相手を誉めるとか、
会話の最中にさりげなく触れるとか、
デートの誘いに大喜びする、といったことです。


そうする一方で、ときどき、急につれなくしたり、
そっけない態度を取ったりします。そっけない 態度、
といっても、感じ悪く接するわけではありません。


あくまでも優しく感じよく、
だけどあなたにあまり興味がない、
別のことで忙しい……というような態度がべターです。


具体的には、3回の誘いに1回は、彼を最優先にはせず、
友達との約束や、趣味などを優先することで、
「そっけなさ」を作り出すことができます。


男性は「手に入りそうで入らないもの」
に興味を持ち、手に入れたいと考える性質があります。


あなたが好きということが相手にばれてしまうと、
「手に入った」ことになってしまい、
相手の興味は失われてしまいます。


逆に、「まったく脈がない」 と思わせてしまうと
手に入らないもの」ということになり
やはり相手は興味を失ってしまうのです。


「思わせぶり」と「つれない態度」を繰り返すことで、
「手に入りそうで入らない」存在になれます。

 

スポンサーリンク




それによって、彼の情熱はヒートアップしていくでしょう。


ただ、このときに気をつける必要があるのは、
きちんと言葉で「つき合おう」と告白される前に、
体を許してしまわないこと。


一度エッチをしてしまうと、
あなたは彼の手に入ったことになってしまい、


男性のテンションが落ちてしまいます。
女性は、男性が愛を告げ始め、


体の関係を持ちたがるようになると、
愛されていると思い込み


きちんと約束をしないまま、
体を許してしまうことが良くあります。


けれど好きやずっと一緒にいたいという言葉は
告白ではありません


「いい雰囲気だったのに、
エッチしたとたん彼が冷たくなった」


なんていう経験をしたことのある女性は
多いのではないでしょうか?これは、


エッチをしたことであなたが手に入ってしまい、
男性のテンションが下がってしまうために
起きる典型パターンです。


そうして、「きちんとつき合う」
という約束をしないまま体の関係が続き、


「友達以上、恋人未満」とか、「セフレ」というような、
中途半端な関係が始まることになってしまいます。


絶対に彼から「つき合おう」
と言われるまで体は許さないこと。


これは男性の本命になるためには 大前提ですので、
よく覚えておいてください。


さて、もし、あなたが彼の恋愛対象外である場合
彼から誘われない、


あなたが送ったメールに返信は来るけど
彼からのメールはない、
あなたの誘いに乗ってこないなどは恋愛対象外と見ます)。

この場合は、「好き」と伝えることはもちろん、
思わせぶりな態度や好意を感じさせる
振る舞いをすることも厳禁です。


好きというそぶりは見せず、
ただひたすらに彼に優しく親切にします。


また、 彼の価値観に共感し、彼のことを誉めるなどし、
徹底的に彼の味方になるのです。


これはつまり、下心を見せずに徹底的に優しくすることで、
相手を感動させ、"内面)に惚れさせる、
という駆け引きをするわけです。


外見で「イマイチ」と思っていたとしても、
内面の美しさを見て「いい人だな」と思い始めると、
外見に対しても評価をし直すのが男性です。


どちらの場合の受け身のアプローチでも
してはいけないことは
(相手に完全に好きだと悟られることと。


好きと告白するのはもちろんダメですし、
好きな気持ちがばれてしまうような行動、たとえば、


相手からメールが来る以上にこちらから頻繁にメールを送るとか、
相手が誘う以上に自分からデートに誘うのもよくありません。


恋愛対象内の場合は「好きなのか好きじゃないのかわからない」
と思わせること、恋愛対象外の場合は


「自分のことを好きでもないのに優しくしてくれる」
と感動させることが重要なのです。


男性にとって、
女性の見た目は恋愛を始める際にとても重要です。


容姿がいい女性は、パーティや 合コンなどに頻繁に顔を出し、
さまざまな男性と知り合うことで、
相手が勝手にアプローチをしてくるでしょう。


このときは、(恋愛対象内のアプローチ“をして、
相手を惹きつけてください。


自分の容姿にあまり自信がない人は、
職場やサークル内など身近な男性を中心に、
“恋愛対象外の アプローチをしてみてください。


どちらの場合も、一人に絞らず、
なるべく多くの男性にアプローチすることをおすすめします。


そのなかから、あなたにとってベストと思える
男性を選べばいいのです。容姿に自信がない女性でも、


多くの男性にアプローチをすれば、
その中の何人かはあなたのことを
好きになってくれるでしょう。


そしてどんな時も思いやりをもって行動することが
とても大切ですね。

 

スポンサーリンク