ADHDとアスペルガー併発を持つ人の対応

 

ADHD、アスペルガー症候群、違い、併発、

 

アスペルガー症候群とADHDの違い!

 

発達障害の中でも似たような特徴を多く持つ


ADHDとアスペルガー症候群ですが


両方併発するケースもあり


混同してしまいがちですので、この二つの


違いの傾向について考えてみたいと思います

 

スポンサーリンク




 
まずADHD、注意欠陥、多動性障害の人は、


機械的というか、数学的な決まり切ったことを


あまり好きではありません、なぜかというと


ADHDの人は衝動性があって、


自由奔放な性格の人が多いので


どんどん移り変わっていくような物事を


好きになる傾向があります


それに対してアスペルガーの人は、機械的な


パソコンのプログラムとか数学的な決まり切った要素を


好きになってこだわりを持つ傾向があります

 

スポンサーリンク




 

またADHDとアスペルガー併発の場合はやはり両方の特徴があり


例えばパソコンとか数学も好きで成績も良いのですが


スポーツの予測のできない変化するところも


とても好きというようなところです


なのでADHDとアスペルガー併発で


発達障害の場合は度合におおじての対応が必要になります


ADHDの傾向が軽い、重いとか、アスペルガーの傾向が


軽い、重いなどの度合いが人により違ってくるので


こういう分野ではADHDの傾向が出やすいとか


またこういう分野ではアスペルガーの傾向が出やすいなど


いろんなところで違う傾向が出てくるので


自分の性格とか向き、不向き、敵、不適を判断するときに


この分野だと自分は、どちらの傾向なのかと考えれば


仕事に生かすとか、実生活で工夫出来るようになると思います


実際なかなか難しいところはありますが


そんなところを見極めて自分で確認できれば相手への


説明もしやすくなり


理解もお互い深まるんじゃないかなーと思います

 

スポンサーリンク