万葉の時代から千年以上歴史のある歌

 

平安時代、君が代、愛の歌、趣味

 

古今和歌集のお祝い歌代表作で
千年の昔から多くの人々に愛され続けて来た歌です

 

スポンサーリンク




君が代のきみとは
古代日本語で、き、は男性 み、は女性を表します。


日本最初の男女神、いざなき、いざなみ
つまり いざなう男、いざなう女という事で


いざなうとは、誘うという事になり
お互いさそいあう男女の物語になるという事です。


よって きみとは男と女
そして身も心も成長した立派な大人の男女を表します


生まれ変わろうと永遠に愛し続ける愛の歌で
とても深い意味のある歌です


現在いろいろな誤解をされていますが
そんな100年前後の話ではないという事ですね。

そして音楽的にも世界的に誇れるとても素晴らしい
メロディーです。

 

スポンサーリンク



きみがよ

レドレミソミレ
きみがあよおは

ミソラソラ レシラソ
ちよにいいやちよに

ミソラレドレ
さざれいしの

ミソラソミソレ
いわおとなりて

ラドレ ドレラソ
こけの むうすう

ラソミレ
まああで

 

君が代 Kimigayo – National Anthem of Japan

 

スポンサーリンク